2008年02月06日

最近のRPGにおける劇中小説の台頭について

ロスト オデッセイやってみて思ったのですが、最近RPGの劇中小説は流行りなの?

初めてこういう形の読み物に触れたのが「トラスティベル」で章の合間に語られる実際のショパンについての物語。
単純に背景の一枚絵に文字があるだけの文章で、ゲームに直接係わる内容でもなく、まぁショパンについての知識がゼロだったてるひさんには、「へー」って感じでそれなりに面白くはあったのですが、正直「だからなに?」と思わざるをえないものでした。
そして最近まで熱中していた英雄伝説空の軌跡のFC、SC共にそれぞれ劇中アイテムとして小説が存在していました。
こちらは劇中のどこかの作者が書いたと思われる普通の小説で、ゲームに直接係わりなく、別に読もうが読まなかろうが全然物語的に関係はなく、まぁ見方によってはゲームの登場人物の比喩的表現ともとれるかのような作品内容ではありましたが、重要なのはむしろこの小説アイテムが複数巻に分かれており、ものによっては完全に手に入れる機会が限られて、チャンスを逃すと2度と手に入らないという、ある意味レアアイテム的扱いで、全巻そろえると何らかの特典があるらしいアイテムでした。
そして、ロストオデッセイも「千年の夢」と言われる劇中小説が存在します。
不死者である主人公カイムが、劇中訪れる場所やシュチュエーションにより、思い出した過去の物語が小説として読めるのですが、表示方法が非常に凝っており、文字が回りながら出てきたり、涙のように落ちたり、風に飛ばされてきたかのように文字が現れたりと、文字自体が小説の内容を引き立てる演出がされています。
内容自体も、主人公である不死者カイムの悲しみや寂しさに触れ、カイムの記憶という扱いだからこそ、カイムと言うキャラクターの理解に役立ちます。


が。


これらは一体何なんだろう。
一体誰がRPGと言うゲームをやる上でこんなものを期待しているのだろう。
これが許されるのなら、別にRPGのストーリー自体小説でいいのではないだろうか。

英雄伝説は全然いいです。
あくまでも完全なオマケ要素の域を出ていませんから。

ロストオデッセイもまぁオマケっぽく、読まないなら読まなくてもいい感じではありますが、物語に密接に係わる主人公カイムの過去のお話であり、物語です。トラスティベルにいたっては章の合間にトラスティベル自体には殆ど関係の無い内容の文書を強制的に表示され、読みたくなくても表示を進める手間を強いてきます。

ロストオデッセイの「千年の夢」は本当に、非常に良くできたデジタルノベルだと思います。
ただ単に文字を並べられるよりずっと楽しいです。
これ単品でデジタルノベルとして出しても楽しめるんじゃないかと思う位、素晴らしい出来だと思います。
まぁデジタルノベルの需要があるのかどうかという問題はあるのでしょうが。

ですが

RPGがやりたくて買ったのに、なんでデジタルノベルを読んでるんだろう。

RPGも小説も、どちらも物語を楽しむもの、と言う点では共通してるとは思います。
ですが、小説は文字だけで物語を語ります。
それに絵で見て楽しむ楽しみを加えたのが漫画。
更にそれに動きと音楽や効果音で臨場感と迫力を加えたドラマや映画。
そこに現実では難しい世界観や演出等を加えたアニメ。

更にそこから分岐した形で臨場感と迫力を犠牲にし、自分自身がその物語に少なからず影響を与える事が出来るという楽しみを加えたゲーム。

って感じで、色々な要素が加えられたり削られたりと、良くも悪くも進化、分岐してきた「物語」を楽しむ媒体。
その中からRPGというゲームを選択したにも係わらず、何故原初である、物語を楽しむ為には一番単純な形式である小説という媒体で物語を楽しむ事を強要されねばならないのか

別形式の融合として、犠牲にしてしまった臨場感や迫力を補う為に挿入されるムービー等は非常に効果的だと思います。
たまに、ゲーム内の雰囲気を高める為に、短いテキストだけでの演出が非常に効果的に行われているのもあります。

ですが、どこのだれが一体RPGに小説的楽しみを期待するのでしょうか。
どんなに凝ったテキストの演出があるロストオデッセイの千年の夢でも、
ぶっちゃけコレ手抜き演出じゃん?
としか思えません。
っていうか、むしろテキストの演出に凝れば凝るほど、「そんな時間・力があるのなら・・・」としか思えません。

超美麗なグラフィックとムービー。
そして読む者を引き込む「千年の夢」という短編シナリオ。

ですが、小説形式が組み込まれてるばかりに、いったい豪華なのか貧相なのか。
何だか損した気分が拭えません。

あ、もちろん小説という表現形態を見下してるわけではありませんので。
小説には小説のよさがあると理解していますからー。
「千年の夢」自体は本当に面白いですよ。
全部見たわけではなく、最初の幾つかしか見てないんですが、不死者の苦悩や悲しみがスッゴイ切なくてねぇ・・・

だけどね
手軽に読めるはずの「面白い小説」を読むために手間のかかるRPGするのは何か本末転倒な感じするし、かといって読まずに進めてRPGとしての物語の楽しみが目減りするのも悔しいし。

まぁぶっちゃけ、時間かかりすぎる感じがしてやる気がうせるんだよぅ(;´Д`)。


きまぐれす
posted by てるひ at 18:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | XBOX360

2007年11月12日

団結


いーっちだんけついーっちだんけつ
(だんけつだんけつだんけつだんけつ)
いーっぽぜんしんいーっぽぜんしん
(ぜんしんぜんしんぜんしんぜんしん)


色々と笑った。
これは名曲だ。

一番最初の子が「イェイ」とか言っちゃって、
妙に田舎くさい雰囲気でアイタタタとか思ったんだけど、
予想以上にナチュラルな天然っぷりにわらた。

他にも笑いどころ満載。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1443715

うーアイマス欲しいなぁ。
って言ってる間にもう新作出るみたいだし(;´Д`)



れす?
posted by てるひ at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | XBOX360

2007年09月05日

オブリビオンがすごい!

XBOX360ネタはさー
てる研関連では、てるひさんち以外に所有者が居ないみたいだからさー
あれなんだけどさー。

けど、久々に感動したゲームなのでご紹介。

オブリビオン

まぁまずは上のリンク先を見ておくれ。
いかにもアメリカンな画面がアレなのですが、
そんな見た目とは裏腹にコレすごいんですよ。

何がすごいって、戦闘時の怖さがはんぱじゃない(笑
あーもぅ。
画面画像を加工できる設備が無いのが悔やまれる。

まず、プレイヤーの視点が、よくあるキャラクターの後ろ姿をカメラが捉えてるタイプと、キャラクター視点と言いますか、画面から両手がにょきにょきと生えてる感じの視点の2種類をゲーム中に自由に切り替えれるのですが、キャラクター視線だと画面中央にカーソルが出て、アイテム取ったり、敵を攻撃するときの照準になったりするんですが、後方視点だとそれが出ないので、探索したりモノ拾ったり戦闘時はキャラ視点、フィールド移動時等の自分の周りの状況がわかった方が便利な時は後方視点と、てるひさんは使い分けてるんです。

まぁ当然キャラ視点だと戦闘になると敵キャラがドアップで襲ってくるんですが、それがもー怖い怖い…
骸骨とかなら逆にまだマシなんですが、ゾンビとか、あのアメリカンないずな無駄にリアルな画像で半分顔溶けかかったのとか、首自体がないのとかが走って目の前までくるんですよ。
こわいちゅーの(´・ω・`)
でも、実際はそういったクリーチャー系は正直まだマシ。

人間系のキャラは全般的にヤバイです。
だってすんごい顔しながら迫ってくるんだもん(´・ω・`)
うがーって顔怒ってるんだもん(´・ω・`)
ついさっきまでにこやかに会話していたおねーちゃんとかが、
ちょっと間違って操作ミスで剣で切り付けちゃったりしたとたん、
まさに鬼の形相で襲ってくるんだもん(´・ω・`)
ほんきで怖いちゅーねん(´・ω・`)

特に素手で攻撃してくる人。
ダメージ的には各種RPGの例に漏れず、
素手は弱い部類なんですよ。
けど、このゲームの場合は素手は格別の怖さがある。
剣等の武器に比べてリーチが短い。
当然武器より一層接近してくる。

コワイ(;´Д`)

更に音が妙にリアル。
武器類よりすごい痛そう。
しかも素手は武器より振りが早い。
両手。

 ∧_∧
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪

なんかもー武器で切りつけられるよりも痛くて痛くて…精神的に。

と、まぁコワイゲームなんですが、
ゲーム的にはすごいですね。
何でもアリ感が。
UOを思い出させるスキル式で、
スキルの種類も結構あります。

NPCが結構すごいAIらしく、

お外をフラフラ歩いていたら、山賊とかが突然襲ってきたりします。
こっそり隠れながら歩いてたりすると、待ち伏せしてる山賊が道の真ん中でぼーっと立ってたりもします(笑
こっそり見守ってると、町の警備兵らしき重装備の人が現れて、二人で追いかけっこしはじめたりします(笑

クエストで逢いに行かなきゃならない人を探してたら、その人が町の中の橋から落ちたらしく、勝手に死んでて死体になっちゃっててクエストが進められなくなってたり…
そういった場合でも救済とか一切無いのはどうかと思うんですけど…。

幸いその人が持ってるモノを持って行けばクエストクリア出来るみたいなので、その完全に放置された死体を漁ってみたら…

町の衛兵さんに見つかって追いかけられて捕まって…
罰金取られた上に盗品はぼっしゅうだーとか言われてクリアアイテムも没収されて…
まぁ、クリアできなくて困るクエストではないんですけどね…

とにかく何だかすごい自由度高くて、ゲームの本筋完全に無視してギルドクエスト請け負って生活するも良し、町の便利屋さんの如く、町の悩み多い人々を助けてまわるもよし。
そして何が一番すごいか、って、それだけ自由に勝手に本筋から離れて遊んでても、尽きないクエストの量。
地図のあちこちには、何のクエストに使われるんだかわかんないよーなダンジョンもいっぱーいあるし、更にその何のダンジョンだかわからないダンジョンには何時でも入れちゃうし。
単純に何の目的も無くフィールドうろちょろしてたらそーいったダンジョンが次から次へと見つかる見つかる…

ちなみにうちの兄は、勢いで町ひとつの住人壊滅させて、懸賞金がハンパじゃないことになって、どこの町に行っても衛兵に追われる、罰金が払えないので抵抗する→更に懸賞金あがるって殺戮のスパイラルにハマって、町の善良な人々は兄のキャラを見た瞬間逃げ出す位になって、「人の顔を見て逃げ出すとは失礼な!」とか言って殺しまくってたらクエストに関係する重要キャラの殆どをその毒牙にかけてしまったばかりにマトモに進むクエストが少なくなって、オブリビオン世界の住人すべてが敵、って状況にまでなってるのに、会社から帰ってきたら楽しそうに虐殺の限りを尽くして「ストレス発散」とかいって楽しんでいます・・・(;´Д`)

PS3でも出るみたいなので、もし機会があったら是非。
あぁ最大の難点かもしれないんですが、字幕がちっさ過ぎて読めません。
まぁ会話とかは音声(英語だけど)聞いてればいいんで問題ないんですが、ステータス画面とかの説明文字が小さすぎて潰れてるのは結構致命的かも…




コメントへのレス
posted by てるひ at 18:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | XBOX360

2007年07月14日

トラスティベル続報


たまには土曜日更新も!

トラスティベルだけどねー
名作認定した直後のシナリオらへんから、
もーね。

説明不足っていうかなんていうか、
冗談抜きで意味不明。

敵国の王様は初顔見せ戦闘終ったら死んじゃってるし、
最終ダンジョン?
では何か意味不明な会話シーンでごまかすし、
ラスボスはなんちゅーかもう脈略もなけりゃ、
戦う意味も良くわからない相手だし、
ヒロインは突然意味不明なこと言いながら飛び降りちゃうし、
世界がループしてた、ってのはわかるけど、
それが何故かとかぜんっぜんわからないし、
エンディングではキャラが「んなことてるひさんに言われてもー」って思わざるを得ないような、ニート向けの演説を延々と繰り返すし、しまいには何故かヒロインが復活するし。

大げさでもなんでもなく、
上に書いたのはやった人全てが感じる事だと思う。
反乱軍の彼女が死んでしまったトコまで作って、
あと多分疲れたか時間なくて急いだか。
って感じが嫌って程伝わるゲームでした。

エンディングのキャラ達の語り内容は、
なんちゅーか
「ゲームやってる人間全てが自分の人生がつらくて諦めて生きてる人だとでも思ってんの?」って感じで不愉快。

最初は壮大なゲームを作る意気込みまんまんで、気合入れて夢のある話を作り始めたけど、半分くらい作ったところで時間も気力も無くなり、締め切りに追われて疲れて作ったイライラしながら「おめーらゲームやってないで現実に目むけろよこんちくしょー」みたいな製作者のやつあたりを感じました(笑

本当に残念なゲームだ。
キャラの演出やグラフィックや音楽は素晴らしかったのになぁ。
キャラの表情とか、ホント過去最高の演技力のゲームでステキなのに。

もったいねー



れすなのれす
posted by てるひ at 11:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | XBOX360

2007年07月02日

トラスティベル

トラスティベル ~ショパンの夢~

さっちんが買ってきたのでやってみました。

現在第5章まで進みました。
全体の感想としては、何はともあれ音楽と雰囲気がすばらしい。

正直てるひさんはショパンさんはよく知らないですし、
興味も無いんですが、全然関係なく楽しめてます。
っていうか、現時点ではショパンの必要性が皆無な気が…
まぁ当然終盤には色々と明らかになって、そこでショパンの夢の中である必要性といいますか理由が解るとは思うのですが。

とりあえず、幻想的な雰囲気の徹底っぷりが素晴らしい。
音楽とグラフィックは間違いなく過去最高レベルかと。
あと出てくるキャラクターが非常に世界の雰囲気を壊す事なく、
それでいて多彩。これ何気にスゴイ事ですよ。
正直最初キャラデザはてるひさん好みではなかったのですが、ゲームで動き喋るキャラクターを見ているうちに、そんな好みはどっかいっちゃいました。

まぁポルカ(ヒロイン)は良くも悪くもハルヒですが(笑

とりあえず、グラフィックと音楽に注目をあつめがちな本作ですが、
てるひさんはまずキャラクターの演技力をイチオシしたい。
「声優さんの演技力」と言うのが正しいのかもしれませんが、ムービーの多い本作では、キャラクターの動きも含めた「キャラクターの演技力」がすばらしいのです。
いや、演技力ってより「雰囲気」なのかなぁ。

とりあえず、上記のようにムービーが多いです。
そういうのがキライな人が結構いるらしいので、ムービー多いのがキライな人にはオススメしませんが、てるひさん的には大満足。
戦闘がアクションゲームのようなカンジなので、疲れるんですよね。

ムービーでお話が進んで、合間に戦闘のあるフィールドがある、ってカンジでムービー比率が高いので、その疲れも苦になりません。
操作等もわかりずらい部分もまったくなく、むしろ最近のゲームにしてはとても簡単です。

お話を純粋に楽しみたいてるひさんには最高。
幻想的な雰囲気、幻想的なストーリー、幻想的な世界、そして幻想的名台詞まわし。

惜しむべきはこのゲームがXbox360だ、って事でしょうか…
Xbox360がもっとメジャーな機種であったならば、このゲームはもっともっと盛り上がり、高みを目指せたでしょうに…

とにかく現状でてるひさんの名作ランク入りですね。

色々な意味で、やさしいかんじのげーむです。

そして何よりも、ビート君がかわいすぎ。
もうこのゲームの7割はビート君のかわいさが占めているといってもかごんではありません。
れす
posted by てるひ at 19:30 | Comment(8) | TrackBack(0) | XBOX360

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。