2008年05月22日

オタ芸の謎

ちょいと目に付いた此方の記事。
ゆいにゃんのオタ芸禁止宣言に関して

そもそもてるひさん「オタ芸」ってのはよく知らないのですが…
オタ芸(wiki)
オタ芸(ニコ)

あー(;´Д`)…


あんたら一体何しに行ってんの?
ちゅか、この「オタ芸」とやら、一体誰が得するの?

そもそも、wiki見たら何か色々名前付いてるの見た時に思ったんだけど、
話題の原因となった此方の声優さんのブログの記事で榊原ゆいさんご本人も書かれてますが、

>オタ芸という名前が付いているだけで、
>それが「迷惑行為」だという事に気づいて頂きたい。


何かスゴイ納得。
ライブの主役のパフォーマンス差し置いてお前ら何やってんだと。

ライブの盛り上がり、臨場感や会場の一体感を楽しむのに盛り上がるってのは理解できますよ。
特定のアーティストの特定の曲の時に、会場全体でコレやってるんなら、まだわかります。
X-JAPANの「Xジャンプ」とかみたいに、アーティスト主導で煽るとかのね。

「オタ芸」ってさ、他のお客さんも「オタ芸」が見たくてライブ行ってるワケじゃないだろうし、ライブの主役も自分のライブを見てるようにはとても見えない、主導件は観客だし、その芸をアーティストが望んでるとも思えない。まぁもしかしたら、他の声優さんは盛り上がってくれてうれしー程度は思ってるのかも?
結局「オタ芸」をやってる人だけがもりあがって楽しいワケですよね。

で、実際問題一体それの何処に一体感があるのかと(笑
勝手に思ってるだけの一方通行の片思いでしかないじゃん。

今はもうオタクってのは、基本的に趣味の内容でオタクと呼ばれ蔑まれるものじゃないと思うです。
ようは、公共の場で周りの空気読めてない不潔な格好してたり、大きな声でアニメの会話してたりと、根本的に周りの空気が読めてない事に気づいてないから「オタク」「アキバ系」「キモイ」って言われてると思うんですよ。
まぁ当のオタク達は、「自分の趣味が理解されてない」などと勘違いしてる人が多いワケですが、日本のアニメがこれだけ世界に出て、何かと話題になって、街中でもフツーのキレイなおねいさんが「もってけ」の着メロだったりする世の中で、相当アニメに対する偏見は少なくなってると思うです。
まぁ中には確かにアニメってだけで頑なに拒否するタイプの人も居る事は居るんでしょうけど、今は多分もう殆どそんな人はいない。

そんな今の現状で、「オタク」「アキバ系」がキモイと言われる原因ってのはやっぱり、その種の人たちの空気の読めなさこそが最大の原因かと思います。
空気を読まなくていい趣味の世界に浸りきった人達の領域に、一般人や一般人よりのぬるオタ等が流入したことと、それによりマスコミ等により知名度を得た事に勘違いして、抑圧されて来た自己顕示欲を発揮し、空気の読めない事に気づかないまま行動力を得たオタクの暴走、それが結局アキバホコ天の惨状だったり、上記のオタ芸の問題だったりすると思うです。

だいたい、ライブに行って普通に盛り上がりたいのにあんな一団が視界に入ったらウザイだろうなぁ

そもそも「ライブでオタ芸禁止」って言葉がでる事自体がおかしい。
もりあがるのはいいけど、アーティストも一生懸命振り付け練習して歌も練習して、イザライブを見に来てくれた人は自分のオタ芸に必至でしたって、一体アンタは何しに来てんだって言いたくなるだろうな(笑



で、榊原ゆいってダレ?(笑

>がぶろん
がぶごろしに当て嵌まる数字がわからない

トロ?毎日いっしょのトロ??
戦国武将?

posted by てるひ at 16:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 研究
この記事へのコメント
PC版の三国志11をやっててね。
新武将ってのがあるですよ。

自分で名前付けて、顔グラから好きなの選んで。
パラメーターとかも好きなようにいじれる。
最強武将も作れれば、最弱武将も作れます。

それに微妙なパラのトロ君を作ってわさわさ群雄割拠している場所に放って遊んでた。

と、いう事どぇす。

ハヨ イエ カエリタイ・・・。
Posted by ろん at 2008年05月24日 19:39
一番上のリンク先も、「オタ芸自体は悪くない」みたいな、空気読めてないといいますか、理解できてない事書いてますね。
書き手の方はオタ芸やらないみたいですが、「どこまでが駄目なのか」等と言ってる時点で理解出来てない事にも気づいてない。
こういう騒動でオタがこんな風に空気読めないタイプの人ばかりと思われるのが辛いです…
Posted by すず at 2008年06月09日 13:18

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97568603
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。