2008年04月04日

.hack//G.U.

「.hack//G.U.」はアニメでやってた「.hack//Roots」を見ていたので、興味はあったんだけど、フルプライスで3部作とか、ハズレだった時のリスクを考えるととてもじゃないけど手を出す気になれなかったのでスルーしてたのですが、にーちゃんが中古屋さんからダンボール箱いっぱいのPS2ソフトを貰ってきた中にあったので、マブラヴも終った事だしRPG燃え尽き症候群のリハビリ兼ねてぷれいすることに。

にしても、ソフト満載のダンボール箱ってのも圧巻だけど、もちっと選別して絞って貰って来てくれないものだろうか。
どうみても既に家にあるソフトが結構な割合で目に付くのですが(;´Д`)


んで、.hack//G.U. Vol.1 再誕。

オンラインゲームをプレイしているプレイヤーが使っているキャラクターをプレイヤーが動かして物語をプレイするプレイヤー

ややこやしいです。
ちがいます
オンラインゲームをプレイしているプレイヤーが主人公のキャラクターをプレイしてる様子をプレイする?

わけわかんなくなてきました。

えと、つまり主人公が使ってるPCの画面がゲーム画面なのです。
意味わかる?
てるひさんはわかりません(o^▽^o)ノ

…だめじゃんorz


ええと…
http://www.hack.channel.or.jp/gu/
これ、こーゆうゲームです。

ゲームやりながらオンラインゲームをログアウトしたりしてメールチェックしたり2chみたいな掲示板見たり、ゲームの公式BBS確認したり、リアル…ゲーム中でのリアルのニュース確認したりしながらオンラインゲームをメインの舞台としながらお話が進むゲームです

…って混乱しつつ書いたけど、これの前作.hack//なんちゃらが相当昔に出てるらしーので、これ読んでる人の中には既にてるひさんより詳しい人居そうですが。
前作は4部作だったとか…
一応前作のダイジェストがみられるディスクが入ってたので見たんですが、これがなかなか面白そうで。
先にそっちやりたいなぁとか思ったけど、夢のダンボールの中からは見つからなかったので断念。

てるひさんは知らなかったのですが、結構有名な作品みたいですね。

この世界のオンラインゲームは、どうやら相当に発達しているらしく、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)が基本装備で、まるで実際にゲームの中にいるようなゲームが楽しめるっぽいです。
そのあまりの臨場感に、攻撃受けるとウワーとか叫んじゃったりしてます。
そうそう、チャットもどうやらボイスチャットが基本みたいです(その割に明らかに女の声なのに実はネカマ。とか居ますが)

余程の臨場感に叫ばずに居られないのか、それともあれも一つの徹底したロールプレイなのかわかりませんが、ゲームやりながらあんな風に本気で絶叫してたら家族が本気で心配しそうです。

っていうような、オンラインゲームって設定ならではの細かい違和感や不思議さはありますが、まぁ総じて掲示板の書き込み内容やらオンラインゲームの雰囲気やらはとてもよくでているように思えます。

戦闘は簡単なアクションタイプ。
当然あやつれるのは自分のキャラだけ。
この戦闘も、結構オンラインゲームの雰囲気が出ていて、実際にオンラインゲームで採用してもいいんじゃないかなって思える戦闘です。
っていうか、やはりオンラインゲームを題材にしてるだけあって、全体的にオンラインゲーム向きのつくりしてます。

中々面白いかんじですよー


>はまちょー
>どんなジャンルでも名作もあれば駄作もある。
ただ、「そのジャンル内での名作であって駄作である」って事実は絶対忘れちゃ駄目なんですよね。
ジャンル自体に貴賎は無いとは思いますが、やはりはまちょの言うように向き不向き、好き嫌いはあるわけですから。
そのジャンルを超えて、多数の人に受け入れられる作品、受け入れられるべき作品も確かに存在するかもしれませんが、ジャンルの壁ってのは物凄く厚くて、実際ジャンルの壁を越えられるモノってのはそうそうあるもんじゃない。
そして困ったことに、井の中のカエルじゃないですが、ジャンル内の作品しかしらないのに、そのジャンル内の一風変わった名作がジャンルの壁を越える作品だと信じて疑わない人がいるって事が一番言いたかったです。
ジャンル内では一風変わってても、他のジャンルではありふれたものだったりするのに、その事すらしらない。


んで、本来はそーいう「ジャンルを超えて人気の出てる作品」こそが本当は「名作」って言われるに相応しいんじゃないかな?
が知られる品なんじゃないかなーとか。
…何かイメージ的に「名作」って言いたくないような作品ばっか思い浮かぶけど(笑

けど、じっさいそれなりの知名度でたとえに狭い範囲でもそれなりに人気があれば名作なんじゃないかなぁ
そのジャンルだからこその名作ってのもやはりあるわけだし。
が知られる品だし!(笑

何か考えてたら「名作」って言葉自体がジャンルに思えてきた。
posted by てるひ at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | げーむ
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。