2008年04月02日

あるギャルゲーB

あいとゆうきのおとぎばなし

ジャンル名に偽り無し!!!

めっさおもしろかった!
いや、面白かったのは面白かったけど、
面白いとはちょっと違う。
うん、一言で言うと心に響いた

オルタネイティブの泣け度はハンパじゃない。
なんかもーね、あり得ない程泣いた
ボロボロどころかダバーって感じ。
もうね、思い出すだけで泣ける。
馬鹿らしかった、あれだけ苦痛だった学園編のオープニング曲ですら、聴くだけで本気で涙でるから困る。
オルタネイティブのオープニング曲なんて聴いた日にゃ1日中泣いてられる自信がある。

ゲームやりながら、これだけ泣いたのって初めて。
なんかもう泣いても泣いても涙でてくるから人間の体って不思議とか、妙に冷静に思っちゃう位泣いた。

アンリミテッドから通してやってると、
物語的に考えると主人公の挫折と復活の流れが多すぎ、くどいって感じちゃう難はある。
まぁ、実際主人公の立場だったら理解できない話ではないんだけど、あくまでも物語的に見ると、ちょっとくどい。
だけど、それがあるからこそ逆に主人公が特別だけど特別ではない等身大の人間っぽさが出ている。
主人公は物語的にはヘタレなんだけど、実際ひとりの男子学生がこんな世界に放り込まれたって考えると、主人公は充分スゴイのです。
よく「平凡な〜」って言いつつ全然平凡じゃなかった主人公が多い昨今、本当に最後の最後まで何一つ特別じゃない男子学生が頑張って、結果的に世界を変えた様は必見でした。
(まぁ、「特別ではない」とはいっても、そこは主人公。本人とは直接関係のない部分含め充分特別ではあるのですが、それはあくまでも主人公の利益にならない特別さなので。)

そういった意味で、登場人物の全てが可愛そうなお話ではあるんだけど、主人公のタケルちゃんの可愛そうっぷりだけはもうね…思い出しただけで素で泣けてくる。
多分タケルちゃんはこの悲惨すぎる物語のなかで一番辛く悲しい思いをしてきたんだろうなってのが想像に難しくありません。
何度も何度も何度も何度も目の前で大切な人たちが…(;−;)

どんなに辛く悲しい思いをしても、がんばるタケルちゃん。

木を削って作ったサンタウサギとか
大切そうに握ってる純夏…

あー。また泣けてきた(笑

まぁ酷い。
このお話は酷い。
グロいし。
もうヤメテって言いたくなるような辛い、悲しいお話すぎたけど。
なんつーかもう絶望感満載なお話だったけど。

けどねー
このお話はてるひさんに何かを残しました。
いや、ホント。
何かはわからないけど、確実にてるひさんに何か影響与えたなこれって感じずにいられない程。

悲しい悲しいって書いてるけど、
悲しい以上に美しく、カッコイイお話でした。
何か色んな全てを包括している作品って感じです。

特に終盤のラダビノット指令の演説は、もう必聴ですよ!

あ、また涙が…(泣


ギャルゲと思って侮る事なかれ。
いや、本気で冗談抜きで。

ギャルゲってこれ以外やったことない…Fateも一応ギャルゲだっけ?
Fateも超面白かったけど、あれはあれで完全に質の違う面白さだったしなぁ。
Fateはむしろあの形態のゲームだからこそって面白さが大きかったワケだし。

パッケージやらタイトルやらキャラクターが…って思うでしょうが、
是非、是非是非やってみるべき。

これだきゃーオススメせざるをえない。
あ、けどゲーム的には全編ハヤテの如くの執事通信状態だし、キャラクターは何か超状的髪型だったり異次元の住人的存在しか居ないけどね(笑
まぁ慣れればどーってことはない(笑


アニメで見たい気もするけど、変なアレンジとか入れられたらと思うと絶対にやめて欲しいかも。
そもそも、アニメでやったら一体何話になるんだ?って感じだからなぁ
無理にカットとかされたら絶対台無しになるだろうし…。

やっとアニメ化されて嘆く原作ファンの気持ちがわかった気がする(笑

マブラヴ オルタネイティブ。
これ、この黒さ、ドロドロさ、ゆっぴなら絶対絶対大好きだろうなー

あ、黒いけど、最後の最後にはヨカッタネヨカッタネ(;−;)ウワーン(PД`q)゚.ってなる作品。

…いや、冷静に考えたら、あの世界的にも、色々的にも全然よくないんだけどサ…

ようし、とりあえずギャルゲに対する偏見が完全崩壊。
なーんか敬遠してたけど噂には聞いていた名作といわれてるクラナドとやらでもやってみるかー ?  モッテナイケドネ



>にじさん
うわぁんヽ(`Д´)ノ
そんな検索でトップに来るのが、そもそもおかしいんだよぅヽ(`Д´)ノ


posted by てるひ at 14:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | げーむ
この記事へのコメント
ギャルゲは一般のゲームと違って表現が若干緩いからね。グロにも性表現にも。

だからこそ、心に響く作品が数多くある。
敷居が18歳以上ってのと、基本的にエロが含まれるために敬遠されるんだけどね。

( ´_ゝ`)わしもおすすぬ作品があるのだよ。確かPS?PS2?どっちかに良い作品だからって移植された。

『永遠のアセリア』
エロゲでもあるが、ゲームシステムがやりこみ要素あって、ストーリーも読み応えあって良い。
油断すると周りのキャラが死んでロード連発とかよくやった( ´_ゝ`)y━・~
一周が数十時間かかって、数人のヒロインルートあって、Lv制限が二週目に解除されるとか長期間楽しめる

移植版はエロ無し。当然だがw
ストーリーは確か追加してるとかどっかで聞いた記憶ある。

『聖なるかな』
続編ではある。同じ設定で別次元の話って感じなんで2から始めても問題は無いんだけど。システムは基本同じ。

永遠のアセリアは結構前の作品なんで絵がちょっと変かな?って思うかも。
慣れればなんともおもわんけどね。

移植された奴を中古で買おうと思ったんだが、売る奴がいねぇのか店に無いんだよね(;´Д`)マッタク。

そんな感じの現役でエロイろんさんでした。
Posted by ろん at 2008年04月02日 22:27

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。