2008年02月05日

ペルソナ3トリニティソウル

あー、そうそう
突っ込まれるまで自分で忘れてましたが
コメント記入時に認証コードが必要になりました。

スパムなのか判断に迷うコメントが最近多いので・・・

けど認証コードとは言っても、ダメダメseesaa仕様なので、
数字は毎回同じで変化しません。
単なる公開されたパスワード状態です(笑

まぁそれでも、機械仕掛けのスパムとかなら防止できるんじゃないかなーと思って導入してみました。
ちょっと手間ふえて申し訳ないんですが、めげずにドンドンコメント書いてくださいね(゚∇^d) グッ!!

ちょっと画像が見難いですが数字は「79437564」の固定です

合言葉は「泣くょ皆殺し」って覚えて下さい(゚∇^d) ネッ!!


PERSONA -trinity soul-
ペルソナ3のアニメ版ってことで、最近録画してもらったのをちまちまと見てます。
現時点の最新が5話かな?
今のところまだ取り立てて面白いってワケでもないのですが。
完全なアニメオリジナルかと思ってたら、意外とペルソナ3の設定を引き継いでるっぽい?
まーアニメ自体は今のところちょっぴりホラーっぽい雰囲気もあって中々面白いです。
ゲームのペルソナ3との関連性は今のところハッキリとは出されてませんが、声やイメージがペルソナ3のキャラとかぶるキャラクターが沢山出てきてて、ちょっぴりドキドキワクワクです。
これを見てるとペルソナ3を思い出すのですが、ペルソナ3のあの雰囲気、コンセプト、味のあるキャラクター達、そして耳に残る音楽。
どれをとっても素晴らしい素材なんですよね。
シナリオ自体はサブキャラクター周りのシナリオはかねがね良好で面白かったのですが、メインとなるべき本筋、そして主人公回りのシナリオが陳腐すぎるほど陳腐なストーリーで(システム的にしょうがない面もありましたが)薄っぺらく、一番の盛り上がり所である最後の感動的なカッコイイラストバトルの演出は、最高の音楽に・・・まぁありがちな演出ではありますが・・・メインテーマをバックに主人公が一人で戦ってるところに仲間の応援が届くという、感動を誘う王道中の王道とも言える定番の演出であるにも係わらず、それまで物語で積み重ねてきた物語があまりにうすい、なんのひねりもない定番演出だけに頼った構成の為、むしろそれが滑稽にしかみえないシマツ。

そんなゲーム自体は・・・愛しさ余って憎さ1000倍とでも言いましょうか・・・豪華素材を使った料理になってない料理を食べた気分と言いましょうか、もったいねーって叫びたくなるガッカリ感・・・と言うよりむしろ怒りがこみ上げる作品で、いわゆるくそげーと言いたくなるモノでした。
ですが、アニメなら作る人が全然違うワケで、素晴らしい素材アニメとしてをどう料理するのか、それなりに期待してみてたんですが、今のところ期待以上にいい感じです。

このまま期待通りの面白い作品に仕上がってくれる事を祈るばかりです。


>もげらん
まぁムービーは別にいいんだけど、強制で見せられるのなら見てて面白いのがいいなぁと思ったので。

>3rdは手抜き作品ばくだんはつげん(笑
けど、そうなのかぁ。
その唯一の価値が非常に重要だけど、それだけの為に買うってのもどーなのかなぁ
>アガットとティータとその両親の漫才や
>オリビエ、鉄血宰相に敗れるやら
>もったいぶったウロボロス盟主やらが

まぁどれもこれも鬼のように気になりまくるわけですが・・・

うーむ・・・


>なにかさん
こんなに長いのに読んでくれたのか!
ありがとう!
何かさんもやるといいです!
あ・・・って読む前にやってほしかったかもです!!(笑

>ヒリさんが長文読んで書いてることですけど
正直てるひさんも思ってたことですが(笑
まぁ誰しも自分に興味ある事は苦にならないはずなので!
あとはてるひさんがもっと読みやすく面白い文章を書ければよかったんだけどねー


ってなかんじで。
posted by てるひ at 16:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ・特撮
この記事へのコメント
何はともあれクリアおめでたぅ。
3rd、手抜きかどうかはともかく、
ストーリーとかはちゃめちゃ強引なんで、
そういうものだと思っておけば。

あと、認証キー。
語呂がザンコクすぎないか!
Posted by ニジーナ at 2008年02月05日 17:47

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82528373
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。