2008年01月29日

英雄伝説 その12

英雄伝説 空の軌跡 その12

ついに終章きたー
最終的に全9章、結局FCの倍以上か・・・

けど何だかFCからSC序盤までありえないほどの細やかな演出がされてたんだけど、後半ちょっと雑になってきてるなぁ。
空の浮かぶ貝殻みたいなオブジェを何故か一目で空中都市と断定した発言をしたりする当たりから気になりはじめた。
とは言っても、神掛かった演出が既存の上質RPGレベルになった程度なので、気にしなきゃ気にならないレベルですが。
むしろ今までがダレも気づかなさそうな目立たない部分に無駄に凝り過ぎてたと言っても過言ではないのですけどね。

疲れが見えてきた感じもしますが、トラスティベルと比べたら月とすっぽんです(笑

とはいえ、盛り上がりに盛り上がった8章後半です!

■執行者王都強襲
4人揃った執行者かっちょいいなぁ。
見逃した全員分のSクラフトも見れたし。
ただ細かい事を言うなら、この怒涛の連続Sクラフト演出、すっごいカッコイイステキ演出なんだけど、攻撃開始の演出画面が全員同じアングル、同じ場所、同じ位置、(見た目が)同じ相手達にSクラ発動するんですよね。
もちろん、見た目が完全に同じだけで、実際はそれぞれ別の包囲の一角に放ってたってのは理解できますが、これがちょっぴり残念だった。
今までの細やかさだったら、多少でも、アングルや位置等を微妙に変えたり等で、それぞれがそれぞれ違う大群の一角を崩しているシーンだと、ビジュアル的にも解る演出をしてたハズだから。
まぁ、戦闘場所のマップも狭かったからしょうがないんだろうけどさ。

■執行者王城潜入
瘠せ狼強すぎ(笑
エステルも言ってたけど強さの次元が違う(笑

王城に潜入した執行者の前に立ちふさがったのは・・・

フィリップ執事きーーーたーー(o^▽^o)ノ
もう、執事が戦う素振り見せだした段階からドキドキワクワクが止まらなかったよ!

ちょろっと王城に寄った時、公爵が改心したっぽい感じになってたので、もうフィリップ執事の出番は無いものだと思ってたよぅ(PД`q)゚.
元遊撃手だと思いこんでたけど、元親衛隊隊長だったみたい。
負けちったらしいけど、予想通り4人相手にして4人に「中々の手練」といわせるその実力だったらしい。

細目のおじちゃん、かっこいいなぁもぅ!!

あと、何気に変な頭の公爵閣下も、ちょっぴりステキな人になっちゃってるし。
フィリップ執事に「私が負けたら逃げて下さい」って言われてたのに、あの場で前向きに倒れてたってのがカッコイイ。
まぁ簡単に気絶しちゃったみたいだけど、ルシオラの言う通りそれはご愛嬌(笑

■女王奪還
今週のちょっとまったキャラ3連発。
ああん、永遠の脇役キャラ2号ステキ。
リシャール大佐と同じ剣聖に連なるものと言われ、出番も多く重要な役どころもこなしているにも係わらず、何故かイマイチ影の薄い・・・
・・・何とか少佐・・・ジーク・・・は鳥の名前・・・ええと・・・そうだ、シード!シード中佐!

影が薄い要因は多分・・・
○初登場時、「剣聖に連なるもの」と言われる程のキャラとしての扱いを受けておらず、どうにもリシャール大佐にいいように使われるだけの下っ端臭がただよっていた。
○何だかひっそり目立たない形でリシャール大佐を裏切り、反乱鎮圧後はちゃっかり責任を免れてやがった。
○どうにもカシウスの弟子って設定が後付くさい。
○名前が何かジークっぽい。その上ジークの方がいい仕事する。
○後姿がカシウスに似てる。

以上の点から、名前をど忘れしてしまいそうになる程陰が薄い(笑

そんな彼の一世一代の見せ場がここに!!!
定番の登場パターンとはいえ、かっこよかったです!
ジーク中佐密かに強かったのね!!
けど正直最初カシウスパパだと思ったのはナイショだ!
しかしもオトリとな!!
本命はリシャールだろ!てるひはわかってるんだ!

と思ったらジーク来た!(笑

気を持たせておいて、やはりリシャール大佐の登場(o^▽^o)ノ
まぁ正直リシャール大佐は来る臭いがプンプンしてたので、あまり感動が無かったんですが、王都を守る為に登場した特務兵軍団にはちょっと感動した。
っていうか燃えた。
かつての敵が守りに現れるとか、定番だけどやはりよいですね。

にしても、結局王女も女王も誘拐できずに帰った執行者にはガッカリさせられた(笑

posted by てるひ at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英雄伝説 空の軌跡
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。