2008年01月25日

英雄伝説 その9

英雄伝説 空の軌跡 その9

>突然ぐわーって起き上がって戦闘になるだろう事を予測しつつ一旦終了。

突然ぐわーって起き上がって・・・逃げやがった(笑

にしても、額にゴスペル埋め込まれてるとか・・・
結社はホントやることエグイなぁ・・・

戻るとアガットとティータと合流。
ラッセル博士の机の上にあったアガットの大剣の意味がココで判明。
そー言えば剣帝との戦いで剣折られてんだよね(笑
ティータのあまりの健気さのインパクトが強すぎてスッカリ忘れてた。
ゴスペルの外郭とほぼ同時素材の〜と予想していたけど、それ以上の、外郭すらも破壊出来る高周波ブレードみたいな武器になるアタッチメントみたいなもん?
送ってくるタイミングといい、あのおじいちゃん並みの天才博士じゃないな(笑。

■対ドラゴン
ドラゴンでかっ!
っていうか、でかいのは解ってたけど、その図体で戦闘フィールド飛び回るなよ(;´Д`)
戦闘開始当初、フィールド内には首だけ入ってたので、位置固定で首叩いてればいいのかと思ってたら普通にフィールド内移動しまくりやがりました(;´Д`)
でかいよ!キャラ見えなくなっちゃうよ!この戦闘で初めて戦闘中もカメラ視点変更出来ること知ったよ!(笑

けど見所はその程度で、間違ってかけたアンチクロックアップが普通に効いて、そのまま全員でチェインキャスティング連発したら、ずっとエステル達のターン!!で、ほぼ一方的に倒せちゃった(;´Д`)
よわすぎるよドラゴン(;´Д`)

■ドラゴンとカシウスパパの因縁。
カシウスパパ、ドラゴンに喧嘩売ってやがったのか(笑
剣の道を究める為にドラゴンに喧嘩売るってどんだけ(笑
だからあんな物騒な発言だったのか。
「俺が行ってケリを付ける」「同じ事の繰り返し」

・・・その時さては負けたなカシウス(笑

期待していたような英雄チックなエピソードとはかけ離れてたけど、まぁこれはこれで(笑


■敵本拠地潜入!
こういうお話の休暇の例に漏れず、突発的事件で切り上げるハメになります。
舞台の幕開けはやられキャラ1号クルツさん。
ていうか、この人本当に優秀な遊撃手なの?って思わずに居られない程、登場するたびに負けっぱなしだよね(笑
訓練所でもエステル達に2回戦っていいとこ無しだし、何かと毎回記憶奪われてやがるし。

で、手間のかかる先輩方を助けたのはいいけど、あからさまな罠に引っかかって大ピンチ。

って、主人公がさらわれたあああああああああ(笑

主人公がさらわれるのはじめて見た(笑


■超巨大空中空母・・・
エステルの夢の演出コワイって!(笑
いきなりボトッって腕落ちたときは素でびびった。
崩れ落ちて首だけでお礼を言うとか・・・
あんな夢見たら泣く。うん、泣く。
こわすぎるし悲しすぎる(;´Д`)

結社に誘われるエステル。
ちょっと悩んじゃうエステルかわいい(笑

そして剣帝によるヨシュアのネタばらし。
確かにちょっとてるひさんは考えすぎでした(笑
レーヴェが丁寧にヨシュアが壊れた要素を挙げて、「〜6歳の子供の心を壊すには十分な出来事だった」って台詞はてるひの考察に対する嫌味かとおもた(笑
まぁでも話を聞いてたら・・・仲良かったであろう村の人たちに逃げろ逃げろと逃がされて・・・人を殺して殺されて・・・まぁそりゃ・・・壊れるよねぇ・・・。
しかし帝国・・・ひどい話だな・・・

で、一通り話を聞いて迷いを振り払うエステル。
何か気合入っちゃってるし。
正直この時点でこのエステルの反応は、てるひさんサッパリ理解できませんでした。
大抵この類のお話の落としどころって、復讐完了して良しとするか、時間が解決か、本人が乗り越えるかで、第三者が何とかできる話じゃないんですよね。
それでも第三者が何とかしちゃうお話で、素直に納得できた話なんて見たことない。
悩むならまだしも、このヘビーな話題に何とか出来る気まんまんなエステルに違和感と言うか、ガッカリ感が・・・

■再会そして脱出
何か意外と淡白にヨシュアきたー(o^▽^o)ノ
個人的にはもちっとドラマティックに登場して欲しかったんですが、意外と地味ーに(笑
ここはもーちっと特別に演出重視に偏ってくれたほうがよかったなぁ。
気分的にめちゃめちゃ盛り上がってる温度と通常イベントの温度差が寂しい(笑

感動の再会に浸る間もなく脱出。
カンパリオレンジが見た目通りの年齢ではない事がわかった位。

■飛空艇での追いかけっこ。
流石に高精細ムービーとかが一般的になってきてる最近じゃちょっとチープで苦しいものがあるな(笑
キャラクターのイベントだと全然見劣りしない程に、動きや演出で上手くカバー出来てたのに、空戦はイマイチ迫力不足。
もちっと頑張って欲しかった。

■そして改めて再会。

感動した!

エステルすごい。
ただただ、エステル凄い。

伊達に「ヨシュア観察の第一人者」名乗ってないな。
最初「ヨシュア観察の第一人者」聞いた時は正直「何いってんだか(ニヤニヤ」とか思ってたけど、
エステルすごい。
てるひさんはこの子を完全に舐めてました。

本当にヨシュアに関してはエステル最強。
操ってるプレイヤーよりも。
いやぁ、言われて見れば結構ベタな話なんだけどさー。
見事にヨシュアを語る上で重要な「心が壊れてる(た)」って設定の裏をかいた感じ。
ヨシュアを救う上で、これ以上無い完全無欠な回答
ヨシュア自身すら本当に気づかなかった、見事に反論の余地のない筋の通った完璧なヨシュアの本当の気持ち。
ありがちな叱咤激励じゃなく、あくまでも真実をありのままに伝えるエステルの口調もなんかもーーー
今迄プレイしたなかで少しずつ積み重ねてきたエステルってキャラクターだからこそ出来る、エステルだからこそのヨシュアに対するエステルの想いの深さ。
トドメに後ろから抱きしめられたヨシュアの目からこぼれる涙が・・・
思わずてるひさんも貰い泣き。
ヨシュア良かったねぇ(PД`q)゚. ヨシュア良かったねぇ(PД`q)゚.

何かもー書けば書くほど書いてる内容が陳腐に思えてくるほどの超名シナリオ。

また音楽がさぁ。
ヨシュアの語りから、エステルの語りに移行するタイミングでスムースにヨシュアの暗い音楽からエステルの明るいテーマソングに移行するんだけどこれがまた、やたらと雰囲気盛り上げてくれる。
曲が変わるんじゃなく、一曲の中での移り変わりっぽいんだよー

なんちゅーか、てるひさんが知ってる中で最強の完全無欠の繋がりを持つカップルになったなぁ。
かわいそうだけどボクっ娘、こりゃもう何があっても無理だよ。
エステルはアホの子だからイマイチ解ってないみたいで、自分から「姉がクローゼっぽい人」って話を振っといて心配したりしてるけど(笑
正直個人的にはクローゼvsエステルに期待してたんだけど、このイベント見せられちゃぁ、クローゼには悪いけど完全に勝ち目は無いね。
まぁ、アホの子エステルをあたふたさせる事は出来るだろうけど(笑
っていうか、勝手にあたふたするんだろうけど(笑


>もげらん
レーヴェの考察ほめられたー(o^▽^o)ノ
最初FCの頃からいずれ仲間になるの期待してたけど、どーにも彼は鉄の意思を持ってるようで、仲間にはならないっぽいねぇ。
正直ざんねん(´・ω・`)
ヨシュアのは冗談半分で「実はヨシュアが殺して単なる逆切れ」って書いたのが頭にこびりついてたみたいで(笑

ティータとアガットは正直アガット妹のエピソードが切なすぎてそれどころじゃなかった。
もうあの誕生日プレゼントの回想のやり取り思い出すだけで胸の奥がギューーーーってなる(´;ω;`)
アガットとティータのほのぼの関係は好きだけど、ミーシャが・・・ミーシャが(´;ω;`)
生きてたらティータと仲良しになったんだろうなぁとか、考えるだけで泣きそうになる。


このゲームに関しては本気でネタバレ防止体制引いてるので、やばそうなのはぐっと堪えて無理しないでください。
今迄通りのカンジでお願いします(笑
キャラの名前とかど忘れした時とかも、ネタバレ怖くて調べる事すら出来ない(笑

そーいや、ケビン神父の正体の話で、ゲーム中どっかのシーンで「あれ、ケビンの本当の目的ってワイスマンの暗殺か?」とか思った気が。
多分シナリオが怒涛の勢い進行してた時とかで、どこでそう思ったのか、何でそう思ったのかも忘れる程度の、根拠の無い単なる思い付きだったと思うけど(笑
え、ケビンの渾名って「不良神父」じゃなくて?(笑
そいやケビンだけ仲間になったときの名前欄「ケビン神父」なんだよね。
何か間抜け(笑)主要メンバーの仲間っぽくない(笑
やっぱり主役には向いてないってこの人(笑

怪盗紳士忘れてた。
「美をめぐる好敵手」だもんね(笑
んでどうやらこれからそいつと戦うらしいんだけど、オリビエの正体わかるまえに驚いた。

このタイミングで離脱とか素で驚いた。
「美をめぐる好敵手」との戦い直前ってのが更に驚いた。
更に「次に会う時は敵」発言に3度読み直す程に驚いた。
っていうか、そうなる意味がわからん。
正直、オリビエの正体については色々予想して書いてたけど、帝国の上層部の人間って線でほぼ確定気分だったんだけど、ますますオリビエの正体がわからなくなって混乱してきた。
結社倒して終りじゃないの!?この後更に対帝国!?
カシウスとの会話は?調印式は?え?え?敵になるの??ってカンジ。



ってカンジで現在第6章序盤。
ブルブランと戦いに行くらしいけど、オリビエ離脱してるとか…
まだまだ先は読めないみたいです・・・

posted by てるひ at 17:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 英雄伝説 空の軌跡
この記事へのコメント
とりあえず、ハーメルが何かわかったトコで、前へのレス。

ハーメルに立ち寄ったのはSCじゃないか、とか。まぁ、これはいい。
FCの伏線でハーメルとずずっと一本の線に繋がるのが、
FCで最初に女王に会ったときの会話だと思う。
戦争の理由を少し話してはぐらかしたトコ。
私はそれを覚えてたせいか、ハーメルの位置等もろもろで、
SC序盤でその当たりが繋がっちゃったカンジ。

>戦闘中の視点回転
私は気づいたのFCのラスボスあたり。
だって、使う必要性ががが…

>エステルvsクローゼ
そこまで話が進んで分かってるなら、
エステルvsクローゼvsジョゼットにしとけと(笑
っていうか、ヨシュア人気ありすぎるぞ!
Posted by ニジーナ at 2008年01月25日 19:26
クルツさんはあれでもねぇ、ブレイザーランキングでいうと
カシウス>ジン>クルツ>シェラ、アガットなんだよ・・・。3rdのエピソードでは珍しく勝ち役だったが(笑)
ケビンさんもねー、若い頃は大変だったんだよ、だから不良になったんだよ、うん。

以下、あたりさわりのない一口メモ。
怪盗紳士>Sクラフト、無駄になげぇ!
やせ狼>Sクラフト、かっこいい!
女2人>記憶にない


Posted by mogera at 2008年01月25日 19:32

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80565545
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。