2008年01月20日

英雄伝説 その5

英雄伝説 その5
せかんどちゃぷたーの感想です

取り合えず追加キャラ達の感想ー

■怪盗ブルブラン
アホが増えた(笑
美をめぐる好敵手ってなんだよ(笑

敵の幹部陣の最初がコイツってのもなんだかなぁ…(笑

■ケビン
もげらんの言ってる神父ってこのヒトかな。
今のところ関西弁のいかにも脇役っぽいキャラ(笑
その割りに何か裏のありそーな重要所っぽい雰囲気でもある。
まぁ、主役にはなれなさそーなタイプ(笑

■アネラス
FC終章から脇役として登場していた、大きなリボンのかわいい遊撃手のおねいさん。
FCで脇役フェチな皆さんの人気が高かったとかそんな理由からか、とりあえず操作できるキャラに昇格。
まぁ、PSP版で新しく戦闘中の声が入ったらしいんですが、FCの脇役で、二人より全然出番の多い銃使いのおねいさんを差し置いて、クルツさんとこの子だけFCで戦闘中に声があったんで、いずれは使えるだろうとは思ってましたが(クルツさんは敵になると思ってたwまぁある意味正解だったワケですが。)
ヒロインっぽい見た目の割りにイマイチ垢抜けない所とか、髪の色的にタブンこのヒトのデザインはエステルのボツデザインの使いまわしと見た(笑


◎現在第2章。台詞分岐多すぎ(つェ`)
うがああああああああああああああああ
シェラ姉さんとアガットとの2択ってなんだよおおおおお
しかも結構長期間だしいいいい
会話けっこーちがうしいいい
さらに追加でオリビエとクローゼの2択とかなんだよおおおおお
てるひさんは同じストーリーのゲームやり直す根性無い子なんだよぅ(つェ`)
シェラ姉と歩いてるんだけど、何か今地震調査の機械設置してるんだけど、温泉とかー、途中でアガットちーむと出会うとかー(´Д`;)
アガットだとどういうやり取りだったのか気になるじゃないか(つェ`)

しかもなんか、てるひのティータはラブラブアガットみたいだし。
それならアガットこっちに連れてきてやったのにいいい。

もう台詞分岐禁止(つェ`)

◎クローゼとの再開
実はヨシュアの事好きだった宣言。
やっぱりなーとは思ったものの、
クローゼ、それならそれでもっと頑張っとかなきゃ駄目だ(つェ`)
折角の激動の三角関係がー
まぁけど、クローゼっぽいっちゃぽい。
それにクローゼがあからさまにかわいそうなのは、それはそれでイヤだしな(笑


にしても、SCはキャラの弱体化が目立つなー
苦労するわけじゃないけど、何かと戦闘時間が長くなる弱体化なのがちょっと痛い。
クローゼのケンプファーがダメージ与えなくなってたり、銃使いが軒並み移動距離含む射程減とか。っていうかフィールドが広くなったのかな?
FCじゃ雑魚キラーだったティータのスモークなんちゃらが、初期位置からだと敵全体に当たらなくなってるのがもー(´Д`;)

ゲーム的にはいい修正かもしれないけど、てるひさん的にははためいわくな修正だっヽ(`Д´)ノ

ってな感じ。

>もげらん
ちゅかキャラの数の割りに同時移動メンバーが少なすぎるっヽ(`Д´)ノ
台詞分岐なんていらんから、むしろその場その場に最適なメンバーで固定しといて欲しかった!!

取り合えず終盤は某神父入れとけばいいのね!?
って終盤ってどっからだーーーーヽ(`Д´)ノ

FCのラストは確かに本当にラストと見たらひどすぎる(笑
結社とか、存在すらそれまで殆ど予測すら出来ない状態だったものが突然最後の最後に出てきやがるし(笑
にしても、SCの最初で古代遺跡で4本の柱がひっこんで、それが何を表してるのか分からないとかいってるけど、ほぼ同時に謎の古代の4つの塔が活動を始めたらしいって歴史学者さん達が調べてるのに、まったくそれを結びつけずに調査しようとしてない王国軍って相当無能だよね(笑

>ななしさん
なるほど、ドット絵って表現は結構あいまいな表現なんですねー
調べてみて初めてわかりました。
PS3やXBOXとかみたいな高精細グラフィックと比べたらドットが目立つって意味じゃ2Dグラフィックの殆どがドット絵かもしれませんが、逆に言ったら、昔のドット絵時代から見たら、今存在するゲームのグラフィックは殆どドット絵とは言えないってことですねー
2D手法とか3D手法とかも調べて見ましたが、むつかしくてよくわかりませんでした(笑
けど勉強になりましたー(o^∇^o)ノ

けどまぁ…正直てるひさんは出来るだけ綺麗であれば別に何でも…(笑
posted by てるひ at 13:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 英雄伝説 空の軌跡
この記事へのコメント
■ケビン
もげらんの言ってる神父ってこのヒトかな。
今のところ関西弁のいかにも脇役っぽいキャラ(笑
その割りに何か裏のありそーな重要所っぽい雰囲気でもある。
まぁ、主役にはなれなさそーなタイプ(笑

3rdのパッケージみたらわかるんやけど
3rdの主人公ケビンだぞ(笑)
その読みは正しく、最後に驚くというか
まぁそういう役割やったんかと納得すると思う。だからまー終盤(いつかわすれた)
は入れておいたほうが状況把握しやすい
シーンが出てくると思われる。
その後のエピソードとはいったが
前のエピソードとかもでる。
エステルとヨシュアの初めての出会いやら
ウロボロスの盟主やら。
ファンディスクのような感じなので
(主軸のストーリー自体はケビンメイン)
おまけ的要素が多い。
例:アネラス、ユリア、リシャール、
  執行者○○とかがプレイヤーキャラと
  してつかえる。
例:カシウスやモルガンや女王の甥のバカやらその執事と戦える(エステルのSクラフトとカシウスのSクラフトの出だしは必見
思わず親子やなーおもた)
Posted by もげら at 2008年01月20日 20:54

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。