2008年01月16日

英雄伝説 その3

英雄伝説 その3

早速キャラ紹介から。

■ティータ
ティータ可愛いよティータ
あぁ、これが本当の「萌え」って感情なのね…
って思うくらい、かーわーいーいー(〃^▽^〃)
アニメ・ゲーム通して、今迄これ程に可愛い子は見たことが無い!。
どう可愛いのか書こうと思ったけど、てるひさんの文才だと言葉にするとどれもこれも陳腐になるのでやめた。
確実に言えるのは、ティータの可愛らしさは想像力に比例するけど、あの可愛さはロリだとか変態だとかそういった類のもではなく、あの子が可愛いと思えない人は確実に人間として何かが欠落してると言い切ってやる。
そうそう、子猫の反則的な愛らしさと似たよーなもん。

てるひさん、あんな妹が心底欲しいです。


■あがっと
大剣赤髪の元不良少年。
妹のくだりとか含めて、何だか結構ありがちなキャラでイマイチ・・・
コメント2行な最低記録(笑


■ジン
くま。
酒飲みクマ。
初登場時、本当にでかくて笑った。
そしてドロシーは失礼すぎ(笑
気が優しくて力持ちなキャラ。
終章の序盤では、Sランク遊撃手なのに事情があるとはいえ、
ヨシュアエステルコンビから何だかあからさまに仲間はずれにされてる雰囲気がかわいそうだった(笑
他に知り合いの居ない異国のお城に招待されて、その豪華部屋で寂しく一人でお酒飲んでる姿想像して泣けた(笑

HPも多くて頼りになる壁係…として便利使いしてたんだけど・・・
単に運が悪いのか、何だか妙に一撃死の効果くらいまくるんですけど・・・
Sクラフト以外に多数相手に出来る技がないのも


◎第三章
もうこの章はティータの可愛さを堪能する章ですね。
第2章終盤あたりから、クローゼの正体が何となく見えてきたりもしてましたが、すぐにどうでも良くなる破壊力。
アガットにーさんも活躍しますが、流石に強いね。程度な(笑

何気にこの章終盤から、伏線の回収がはじまりいよいよ本筋が見え初めて来ましたー(o^▽^o)ノ


◎終章
全4章とは思ってなかったので、終章の文字にビックリ。
・・・したけど、意外とボリュームがあって更にビックリ。

☆武道大会
オリビエきたー(o^▽^o)ノ
唐突な出現っぷりと相変わらずなボケ健在。
宿屋でエステルに吹っ飛ばされるシーンは、エステルの乙女チック度とあいまって超名シーン(笑
「そりゃ!」って掛け声と、宿内部に吹っ飛んでくオリビエ見てフイタ(笑
宿内部からのオリビエの捨て台詞も最高(笑
中に戻ったらちゃんとオリビエのびてるし(笑
オリビエやっぱりいいですねー。
声がガンダムSEEDのムウ大佐の人なのも完璧すぎる。
声といえば、記者のナイアルは声無いけど、絶対エウレカのホランドの人以外アリエナイ。

☆王城潜入
何かと女装させられるヨシュアが不憫(笑
このソフトのオマケで卓上カレンダーが付いてきたんですが、1月の着物美人の片方がヨシュアだとこの段階で気づいた(笑
ヨシュアの女装は定番なのねコレ(笑

☆姫様救出作戦
存在を忘れかけてたシェラ姉さんの登場シーンには燃えた。
あのタイミングでの助っ人は100%予想付くけど、オリビエかアガットだと思ってた。
てるひ的に一番影の薄かったシェラ姉さんだったってのが更にテンション上がった。
そして予想通りオリビエがくっついて来てた(笑
オリビエの銃から追撃のコンボ。
シェラ姉さんえげつなー(笑

姫様正体はバレバレだったけど、最初顔グラみたときヨシュアかとおもた。
このゲーム、髪ロング娘の目とじた絵は微妙に男っぽいな(笑
にしても、話聞く限りだと髪短い方がヘアピースなのか・・・あれだけ長いのに・・・蒸れそう(笑

☆女王陛下救出作戦
アッシュブロンドのかっちょいいのでたー。
けど、ヤツの正体気になってただけに、孤児院事件の一文と学園祭でちょろっと出てただけの全然知らない人で、正体判明しなかったのにちょっとガッカリ。
多分その場に居なかったヨシュアと因縁あるんだろうけど、終章なのにまだ引っ張る必要があるほどなのか・・・この人の正体は、なんだかそこはかとなくガッカリ感が漂いそう(笑

そして、そんなことを完全に忘れさせてくれる我らがアイドル、てるひの妹ティータちゃんの再登場(o^▽^o)ノ
そしてティータちゃんは一瞬でその場全員の人気者(゚∇^d) グッ!!。
にしても、おりびえwww



何気にやっぱりキャラクターの動きがいいなぁ。
普通のデフォルメされたRPGキャラなのに良く動く。
オリビエの吹っ飛んでいく姿とか(笑
再会した喜びで飛び込んでくティータを受け止めるエステルが受け止めた瞬間ちょっと後ずさる描写とか、どっちもほんの一瞬なんですが、芸が細かい、そして丁寧なんですよね。
キャラクターのイメージ作りも凄い細かく徹底してるし。

さていよいよラストダンジョンっぽいですが、
あのアッシュブロンドの正体や、ラスボスリシャール大佐の真意、
カシウスパパの出番はあるのか!など等、まだまだ楽しみなのであります(o^▽^o)ノ

てるひさんにとって一番の関心ごとだったヨシュアとエステルも何か普通にアッサリまとまりそうだし、何かあまりにも全体的にサクサクとテンポ良く気持ちよく進んで来たので、もちっと何か衝撃がドカーンと欲しい気もしますが、まぁティータのほにゃっとした笑顔と話し方だけでこのゲームの元はもうとったからいいかな。

>はたちさん
ガスコンロで焼いた焼き鳥はあまり美味しくは無いと・・・
適材適所?
・・・うーん、わかったよーなわからないよーな(笑



>もげらん
もげらんちょーおひさー(o^▽^o)ノ
もげらんには本気で超感謝。
もげらん居なかったら絶対やってなかったもんなぁこのゲーム。
ラブコメ好きにはたまらん一品だねこれ。
にしても
てるひさんPSPのなんとかパックでSCとマテリアルコレクションだかってのが既にあるんだけど、3rdって・・・
完結してないものをケース付けてあたかも完全版ぽくセットにしてうるなああああヽ(`Д´)ノ
って気分になた。

>FCの最後のほうではがっくりくるやもしれんぞー
が気になった・・・まぁSCは既にあるから、もげらんの言葉を信じて耐えてみるよ・・・
エステル主人公でヨシュアがサブキャラでヨシュアの知り合いらしき銀髪が未だ謎のままって現状から、何となく考えないようにしてた予測がもげらんのこの一言で・・・
FF9のジタンとクジャのラストを思い描いてしまう・・・
まぁあれはちゃんと最後の最後でハッピーエンドだったけど!

グラフィックは本当にドット絵とは違うみたいです。
ホラ、ROとかも背景はドットっぽい3Dで、キャラクターだけは完全なドット絵じゃないですか。
それとちがって、英雄伝説は同じようなドットっぽい3Dの背景を使って、それと同じ手法で作られたドットっぽい3Dキャラクターだって事だと思います。

あくまでもてるひさんの予想ですが(笑

まぁどっちでもいいじゃーん。
今更ドットみたいなガクガクなブロックみた(r
posted by てるひ at 17:42 | Comment(5) | TrackBack(0) | 英雄伝説 空の軌跡
この記事へのコメント
あぁ3rdついてないのね。
お話はSCでちゃんと終わるんやけど。
(といっても英雄伝説7がこの
大陸の別のところを
舞台にする様子、エボナンタラ帝国
だったかな。)
その複線ふくめた、サイドストーリーで
ダンジョンしかないゲームになっとる。
SCのあとのみなのその後のエプソードが
みれるファンディスクみたいな感じ。

4章で終章だとは思わなかったってのは
俺ももろそうだった。前回プレイした
英雄伝説3が8章まであったしな・・・。
3rdはまーともかく、SCにはこうご期待。
Posted by mogi-ra at 2008年01月16日 21:58
追伸(ばっかだな!)

前回の書き込みで失望させてしまいそう
やから、明るい希望を!
SCではティータとアガットの
心温まるエピソードがあるぞ!
(なけるかも、俺は涙ぐんだ!)
3rdでは二人の笑えるエピソードが
あるぞ!
楽しみにしておくといいぞい、フフフ。
ちなみに好きなキャラはオロビエ、ティータ、クローゼってとこかね。女性2キャラは
単純に可愛くてまっすぐってところだが
オリビエは漫才的なことよりもごにょごにょごにょ。○○○○の○○とか気になるキャラも・・・。脈絡のない文章やな;;
Posted by もげーら at 2008年01月16日 22:12
私の読み間違えか、メーカーの誤植か、
でる君の勘違いかは分からないけど、
クローゼのヘアピースは、長い方がヘアピースだ。
今はショート。ロングの見た目はヘアピース着用。

あと…
背景はすでにドット絵っぽくないぞー!
ROのキャラ、ベースはドット絵なんだけど、
画面に表示する時にぼかし処理かかってるんで、
少しドット絵っぽくない印象を受けるハズ。
Posted by ニジーナ at 2008年01月18日 08:13
キャラの位置に、法線ベクトルが常にカメラを向く特殊なポリゴンの板を立てて、そこにドット絵を表示しているんじゃないのかな。
Posted by kancho at 2008年01月18日 12:26
まぁ実際3Dと2Dって単に作成過程だけだったりするんですよね。
空の軌跡のキャラは3Dの手法で描かれた2D、いわゆるドット絵と捉えるのが正解かと思います。
だからぐりぐり動く。
背景はその逆ですね。
だから場所によってはカメラが固定されてしまう訳です。

ドット絵と言う表現がどこまでドット絵と言うかはまた別問題だし結構曖昧なのですが、空の軌跡の背景やROですとか、古いのではゼノギアス等は、実際は単に箱に張り込まれたテクスチャなので、そのテクスチャがドット絵と言われればまぁドット絵に間違いは無いですね。
立体的に見えますが、プリレンダリングされた3DCGではないですから、一般的にあれらは3DCGとは言わないですね。

ちなみに例に上がってるROは、キャラはある意味本当の意味での2Dのドット絵。
数パターンの絵をパラパラと表示してるにすぎないからね。

長文ですが参考になればと思い失礼させていただきました。
Posted by ななし at 2008年01月18日 19:12

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。