2008年01月15日

豪華!気になったニュース2本立

今日は英雄伝説レビューをオヤスミして、ちょっと時事ネタ?とか。

ネットの炎上はなぜ起こる?鎮火・消火の心得を探ってみた

>「書き手はまず、想定する読者以外にも読まれることを意識すべき。また、過去の炎上事例から、たとえば道徳的にまずい発言、特定の人たちに対する悪口など、燃えやすいケースを認識しておく必要があるかも」

と書かれてますが…何て言いますか、
>想定する読者以外にも読まれることを意識すべき。
流石にそれはあたりまえじゃ…
>過去の炎上事例から、たとえば道徳的にまずい発言
道徳的にまずい発言はブログじゃなくても駄目じゃん(笑

>誰もが自由に意見を言えるのがネットの魅力のひとつだったはず。
>炎上を避けるために、ブロガーはどんな点に配慮すればいいのだろう。


とありますが、「ネットの魅力」とか言ってる時点で駄目な気がする。
ネットであろうと、対人なのが前提なワケですから、読み手に対する配慮ってのは絶対的に必要不可欠。
大体、誰でも見れるネット上に日記なんぞを書いてる時点で、「身内向けの発言でした」なんて言い訳が通るとは思えない。
炎上したこと無いてるひさんが書くのもアレですが、炎上するのって殆どの場合が炎上する側に問題あると思うんですよね。前も書いた気もしますが。
個人的な日記だとしても、それを公の場に書いている以上は読み手の事を考えて書くのが普通…いや「あたりまえ」だと思いますけどね。

まー、とはいえ、書き手のサイトであるのは間違い無いので、「個人的な感想で書かれてる内容」にケチ付けられる筋合いも無いというのも間違い無いとは思うのですが、
大抵そういった個人的意見で炎上してる場合って、内容が大抵批評とかで断定的で更に上から目線で書かれてて、「感想」って体裁じゃないんですよね。雰囲気的に。本当に批評。何様だおまえは!って感じの。
まぁつまり簡単に言うと「何かカチンとくる」書き方(笑

個人的な感想を「私はこう思った」と普通に書いてる分には炎上なんてしようが無い気がするのですが。
正直、てるひみたいな過疎ブログのブロガーとしては「ちょっと位は炎上しないかな…」って思うのですが、手付けられなくなって閉鎖とかは流石にコワイかなぁ(笑

ま、炎上するような事書いても、何事も無かったかのように埋もれていくであろうブログ的には、それだけの人に読んで貰えてるのかと思うと、ちょっぴりうらやましく思ったりする事もあるんです(笑

任天堂社長インタビューに「FF13批判か?」と波紋
FF13批判かどうかは置いといて…
っていうか流石にそれは被害者妄想的な考えすぎだと思いますが、

>もはや、我々の作るものと同じ娯楽ゲームだとは思えません。
ホントてるひさんは任天堂のこーいうところが嫌い。
思わず売り言葉に買い言葉で
「君らが作る心に残る物の何も無いお子様向けお手軽ゲームと、深い感銘を受けて心に残るゲームとじゃ、そりゃ同じゲームだとは言えないよね」とか言いたくなっちゃいます。

っていうか、まぁ・・・実際違いますよね。
どっちがいいか悪いかは別としてですが。
どっちにも良い所悪い所はありますし、どっちにも好き嫌いはあります。

上のコメントが「娯楽ゲーム」ではなく単なる「ゲーム」であったなら、「まぁ違うよね」で済んだかもしれません。
細かいかもしれませんが、この差は大きいですよ。
だって「他のゲームは娯楽ゲームじゃない」「娯楽ではない」と言ってる意味に取れちゃう訳ですから。
ごらく 0 【娯楽】 (名)スル心を慰め、楽しむこと。また、そのような物事。笑い、喜ぶような楽しみ

SFCから64の時の記事のお話もそうだけど、
ちょっと売れるとスグに自分達が面白いと思うゲームこそが面白いゲームだってずに乗った発言するのは本当に任天堂の悪いところだと思う。

世の中には沢山の人が居て、沢山のゲームの好みがあって、世間でクソゲーとか言われてるゲームだとしても、それが好きで好きでしょうがない人だって沢山居るって事実をちゃんと理解するべきです。
てるひにしてみたら、任天堂が作るゲームなんてホント上に書いた通りで、確かに一時の楽しさは与えてくれるけど、心に何も残らない、時間つぶしの為だけのゲームで全然魅力無いです。
マリオとかも最初は面白いですけど、てるひアクションニガテだからスグ飽きちゃうし、終った後に心に残るものが何も無いから、飽きた後に振り返っても「面白かったー」よりも「時間の無駄だったー」の方が強く残るだけで嫌いなのです。

面白い面白くないは、その人の好み次第なのに、あまつさえ自分が好きで楽しんでるものを娯楽じゃねーみたいな言い方されちゃうとカチンときますよね。
そもそもWiiだって、リモコンの目新しさや売り方の戦略が上手く行ったから今のところ売れまくってるだけであって、本当にこの先長くSFCやPS、PS2みたいな定番になれるのか、まだまだこれからでしょうに・・・。
HDテレビの普及、PS3の値下げやXBOX360のブルーレイ対応等など巻き返し頑張ってる様子を見ると、てるひさん的には正直この先こそが本当の勝負で、まだまだ偉そうなコト言ってる余裕は無いと思うのですけどねー。
おごりたかぶって64の時の様に足元をすくわれないように頑張ってもらいたいものです。

艦長が、しかし欧米人(キリスト教文化圏)の正月風景って想像できないなーって言ってたので、ちょっとご紹介。
まぁあくまでもてるひさんちでは、ってダケかもしれないのはごりょーしょーください。

わざわざ追記してアレなんですが、
正直あんまり日本とかわらないですよ(笑

ちょっと違うかもしれないのは、
基本的にお正月はクリスマスの延長的感覚ってトコですかねー。
大人達は24日からお仕事オヤスミになるので、
まずクリスマスパーティーで飲んで歌って踊っての大騒ぎして、
家族で年末用の買い物や準備して、おじーちゃんがボロっちい愛車をガレージで修理しはじめて、調子の悪い車持ち上げる機械に罵声を浴びせる声が響くのが年末のお約束です。(笑
今年もてるひ達が到着した時、一番最初に聞こえてきたのがその声でした(笑

あとは普通にテレビでニューヨークのカウントダウンとか見ながら、はっぴーにゅーやーとか言いつつ年を越して、結構普通に寝ます(笑。数年前まではカウントダウンと同時にお隣のおにーちゃん達がバクチクやらクラッカーやらを鳴らして大騒ぎして、その向かいの家のおじちゃんに怒鳴られて怒られる、ってのがお約束的定番(笑)--ママが言うには、そのマーフィおじさんもわかっててやってるそーです--だったのですが、お隣のお子さんが大きくなって家を出て行った為、ここ数年はそれも無くなってしまいました。
てるひさんはバクチクとかの音がニガテなので、毎年時間近くになると必ずママがてるひの耳を押さえてくれてたんですが、何も無い今年も時間に耳を押さえてくれた時は思わず泣きそうになりました。

そんな感じで年を越して、年が明けて最初の朝は、朝食時に家族全員で今年の決意とかのお話しして、まったりと過ごしたりするのが普通だったかなぁ。
んで家族全員で教会いってお祈りしてー・・・
2日からはもう皆普通にお仕事だったのが、ちょっと日本より早いのかな?って位ですかね?

まぁ中には、前にてるひさん達をお城にご招待してくれた金持ちさんちなんかは、24日からずーーーっと年明けまで連続でパーティーやってたりするみたいです。
カウントダウンでは花火あげちゃったりして、それはそれは豪勢らしーですよ。

あーけど、てるひさんちパパが日本人だから、普通とはちょっと違うかもー。
教会のお祈りも、てるひさん子供の頃から「ハツモウデ」って言ってたし。

今思えばなんかチガウ気もするけど(笑



今日はナゲーな!
びょういん暇だからな!!(笑
最近なんだか年とる毎にお見舞いが減ってるよーな気がするのが不満だ(笑

posted by てるひ at 18:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | にゅーす系
この記事へのコメント
おお、New year's resolutionだっけ? あれって本当にやるんだ。日本における雑煮の餅の個数申告みたいなものだろうか?
Posted by kancho at 2008年01月16日 18:50

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78701172
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。