2005年10月06日

めでぃあてらしー

最近良く聞くようになった言葉。
メディアテラシー
簡単に言うと「情報の取得選択」
特にネットやってる人ならば、ごくごくフツーに養われているコト。
ネット上にはあらゆる情報が氾濫していて、当然嘘情報もたーくさんある。
必要じゃない情報もたーくさんある。
その中から「本当の情報」「必要な情報」「間違った情報」等の選別をして取得するってこと。

※ふつうに日本語読みで「media literacy(メディアリテラシー)」って言うらしいです。



掲示板とかで情報見ても、まず本当の情報かどうかって、てるひたち考えるもんね。
意識して無くても自然とやらなきゃやってらんない。
あまりに当たり前すぎて、言われてもピンとこないこと。

でも、その極当たり前のコトが、
ネットをやってる人とやってない人とのメディアテラシーの格差が広がって来て問題になってると、どっかの偉い学者さんが言ってた。

てるひの周りにネットやってない人が居ないせいもあるのか、今までそんなこと感じたコトもなかった。

で、最近の「エイベックスへの殺人予告報道」。
当然「のま猫」問題にも触れないわけにいかない。



ことごとくその「のま猫」騒動の意味合いの論点がズレてる。
正しくネットの情報を調べて判断したら、
「親しんだキャラクターを勝手に商業利用されて怒っている」
などという報道にはならないハズだ。
間違っちゃいないのかもしれないけど、本質とはかけ離れてる印象だ。

まさかそういう報道しているマスメディアの人たちが、ネットをやらないなんてコトは無いと思いたい。
だけど、この「情報の取得選択」が出来ているかどうかは非常に疑問だ。
情報を扱うプロの人達の仕事だけに、逆に「あえてそういう取得選択の仕方をした偏った情報をわざと流しているのではないか」
等と疑ってみてしまいたくなるのも分かる気がする。

更にあきれるのが、テレビ報道番組で「匿名性ゆえにネットは反社会的な人たちのあつまりやすい場所」と言う発言があった。
いい大人の人、しかも報道等で社会に情報を発信するお仕事の人が、だ。

メディアテラシー「情報の取得選択能力」

こんな偏った報道しか出来ないマスメディアなら、
ホリエモンに「今のマスメディアは要らない」って言われてもしょうがない気がした。

むしろ、ネットやらない人達の重要な情報源がこれでは、
ネットやらない人とネットやる人とのメディアテラシーの格差を作ってる最大の要因かもしれない。
そうなるとある意味害悪であるとも言える。

情報文化の時代が変わってきていると言う現実が、
マスメディアの偉い大人の人たちには見えてないのかなぁとおもた。

とりあえず、てるひはこれだけは間違えずに、正しく報道してほしいと思う。
今回のこの問題、「2ch vs エイベックス」ではなく、
「ネットユーザー vs エイベックス」である、と。

てるひの気持ちを分かりやすく報道してくれてる貴重なマスメディアさんの記事↓
http://www.janjan.jp/culture/0510/0510033297/1.php
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051001k0000m040043000c.html
posted by てるひ at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | のま猫問題
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7782505
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。