2008年01月10日

新年と宗教

あけましておめでとうございます(o^▽^o)ノ
本年も皆様にとってステキな年でありますよーに

ふー
何とか1月中に書く気になれた(笑

ってワケで今年最初のエントリーのネタ。
呪い恐れ盗品次々返却 店主の「祈るぞ」に動揺

何だか暴徒も店主もかわいい(笑


けど、

日本では宗教ってスッゴイ希薄だから、
日本の宗教感でこういうニュースを見ると、
完全に笑い話にしか見えないんだけど、
実際この人達は相当真剣に本気で怖かったんだと思う。

そうそう、宗教のいい悪いは別としてなんですけど、
世界には「命より宗教が大切」って人が冗談抜きで普通にゴロゴロ居るワケなんですよね。
日本人は根本的に宗教的概念が希薄すぎて…って記事を色々長々と書いてたんですが、結論として実際日本人の殆どの人が「宗教」って「モノ」を知らないんですよね。

知らないからこそボロボロ胡散臭い新興宗教があって、更に宗教と言うものを胡散臭く感じさせる原因になる。
知らないからこそ宗教的配慮が無いとか言われちゃう。
知らないからこそ配慮が無いと言われると俺は無宗教なんだからお前の宗教なんて俺には関係ない等のとんちんかんな反論をしちゃう。
知らないからこそ、宗教的配慮ってなに?それ美味しいの?
知らないからこそ、宗教を知らない?別にそんなのどうでもいいじゃん?宗教なんてくだらないバカじゃねーの?とか言っちゃう。

昔には「八百万の神」ってステキな概念が存在してる国なのに、なんで今はここまで宗教(神)に対する配慮が足らなくなってしまったんだろうって凄い不思議。
しまいにゃその概念を曲解して「日本では八百万の神様のうちの一つでしかない他宗教なんてどうでもいいから日本人が日本でそれをどう扱おうが構わない」見たいな事を言い出す人が居るシマツ。

宗教を信じるも信じないも自由ですし、正直てるひも宗教なんてどうでもいいんですが、

相手が大切にしている物に対する配慮ってのはどんな場合でも、何であろうと、大事な事だと思いますけどねぇ。

そしてその思いこそが、真の「八百万の神」の精神なのではないのでしょうか!!。

(ちょっと綺麗にまとまったなぁとか思ってるてるひ。)

…って、
単なる面白ニュース紹介のつもりだったのに、
新年早々随分ヘビーな内容になったもんだな!(笑

まー今年もよろしくお願い致しますなのです(o^▽^o)ノ
posted by てるひ at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゅーす系
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77587629
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。