2007年09月21日

目は口ほどにモノを言う

名探偵西園寺万五郎がアニメを斬る!:
ジブリアニメに出てくるAV女優レベルの演技


まぁてるひさん当たり前ですがAVなんて見たことも無けりゃ見たいとも思わないんですけどね。
気になったのは「演技」について。
てるひさんは西園寺さんが上記エントリーで言及している「声優の」ってよりも「演技の上手い下手とは何か」って点が気になりました。

てるひ研究所:トラスティベル
上のエントリーでも書きましたが、とりあえずトラスティベルは後半シナリオグダグダすぎる程グダグダのどーしょもないものでしたが、キャラクターの雰囲気というか「演技力」は素晴らしかった。

…って思って書いてるんですが、ではその「演技力」とは何かって思ったとき、てるひさん自身はっきりとしなかったワケです。

そこで考えて考えて思い当たったのが「目」
それも眉毛ではなく目そのもの。
眉毛の上げ下げ、傾きなどで感情を表現しているCG作品は結構あります。そーいうのにはてるひさん特に何も思いませんでした。
そのせいでトラスティベルのキャラクターの生き生きとする理由がぼやけてたんですが、トラスティベルのキャラクターはそれに加えて「目」が非常に豊かに変化してたんですよね。
驚けば一回り目が大きく見開かれたり、笑顔はその笑顔の種類によって目の形も大きさも変わる。
多分それによって表される表情の綿密さが、通常のCGムービーよりも表情豊かなキャラの演技力となっていたんだろうなぁと思ったワケです。
なんてったって一番印象に残ってるのが「ポルカが驚いて目を見開くシーン」なんですもの。
台詞も無く、ただ単にポルカが驚いた表情をしたシーン。
台詞もなければ息を呑むような演出も無く、声優さんの演技力が完全に及ばない所でのキャラクターの演技。
見事に完全に音声無しで「ポルカが驚いて息を飲んだ」瞬間を表現していました。
更に言うならば、「突然の出来事に驚いた顔」「『まぁこの子は何て事を言うんでしょう』みたいな感じで驚いた顔」「突然の悲しい出来事に驚いた顔」ぜーーんぶ違うのです。目が。

思えばどんなに綺麗なCGでも、「目」そのものをココまで細やかに表現していたムービーって無かった気がします。

もちろん、多彩な表情を演出できる技術があっても、その表情をちゃんとキャラの感情とリンクされてこそですので、当然演出面で作成してる方の細やかさと、声優の方がその感情を表す演技があって初めて相乗的に素晴らしい演技になるのは間違いありませんが。

まぁ…どれだけステキなCGでも、ストーリーがアレじゃ…

ついでに方向性は違いますが、CG的には負けずとも劣らない程綺麗な
オブビリオンですが、こちらは完全に目の演技は考慮されてません。
まぁムービーでもなければゲーム的に全然方向性も違いますので、比べるわけではないのですが、逆にその目の演技がまるで無い、無機質な目だからこそ、その無機質な鬼の形相で迫られるので怖さが倍増してるって気が付きました(笑

意識して目を見てるわけでは無いと思います。
けど絶対目に付く「目」。
意外と演技力ってのは目のありようのコトなのかなって思いました。

もちろんそれは精神論的なお話ではなく、女優さんや俳優さんの演技力も、実は「だれしもが目にしているがだれも気づかない目の挙動」でサブリミナル効果よろしく見るものに与える印象のコトなのかなぁって。

眉、目の形、大きさ。あと「瞳孔」がCG技術で演技されるようになったら、人の目に写る「目」は全て人の手によって表現されるわけですから、もしかしたら実写以上の演技力のあるCGキャラクターが出てくるのかもしれませんねー。

でもアレだね。
よくよく考えたら、上に書いたポルカが息を呑むシーンもそうだけど、目だけじゃなくて息を呑んだ瞬間の胸の上下とか微妙な気づかない程度の演技があったからこそかもしれませんね。
それなら、まぁ…演技力ってのはやっぱりトータル的な雰囲気作りによって、相手に自分の感情を伝える技術…ですよね。

まぁそれを世間一般では演技力って言ってるんでしょうね。



あれ?あれれー??
何か…あれれれれ????


>もぎらん
最近ですかっ!
今迄後悔してなかったですかっ!

っていうか、てるひさんの場合は原因は見たモノにあるけど、
もげらんの場合は完全に自分の責任じゃ…


>がぶ
>…いや、ほんとにふと思い出しただけだからまったく意味は無い。
…(;´Д`)


>はまちょ
なんかほんとーーーにはまちょの言う事聞いとくんだったって心のそこから後悔したよ(´・ω・`)
てるひさんもう2度とSchoolDays関連には近づかないことを神様に誓うよ…
っていうか、サムネイルちゃんと見とくべきだった…
ニコ動のサムネイル見る度に思い出すから正直消したいんだけどね…

>心が弱い方はご遠慮ください。
>あの一連の演出は本当に凄かった。

「凄い演出」と言われると、ちょっぴりてるひさんの悪い虫がうごめきますが、本気で痛い目にあったんで、SchoolDaysはホントにもうちょっと…

っていうか、あんなのアニメでやろうとする神経が信じられない。
あんなの事件なくたって駄目じゃないの!?
本気で見た瞬間ぶったおれたよあれ…

師匠が…
>はたちー
ちうか、最後のマビネタがそんな前だったのかと。
お空飛びたいので近いうちに復帰して日記ネタ稼ぎにいきまっす(o^▽^o)ノ
もげらんか何かさん、どっちか獣人化できる子居るよね!?
たのしにみしてますー(o^▽^o)ノ

…って行った時に限って誰もいないんだよねー(´・ω・`)

posted by てるひ at 16:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | 研究
この記事へのコメント
>たのしにみしてますー(o^▽^o)ノ

(*´ω`)ノ ・・・

( ´_ゝ`)ウン。てるひかわいいよてるひ。
Posted by ろん at 2007年09月21日 22:41

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56458558
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。