2007年09月19日

グレンラガン 第25話

天元突破グレンラガン

第25話「お前の遺志は受け取った!」

『無理を通して道理を蹴っ飛ばす』
やー、まさに言葉通りって感じのアニメですね。
正直上の言葉の意味わかって無いかもしれませんが。
特に今回の第25話見て思いました。
ひじょーにガイナックスらしい作品です。
って言っても、ガイナックス作品ってトップをねらえの1と2とナディアしか見たことないんですけどね。
むしろトップをねらえを作った所らしい、って言った方が正しいかも。
多少の無理は力ずくで押しのけちゃうパワーがあります。
毎回書いてる気もしますが「王道は王道だからこそ王道」なんですよねー。
ハイ、この台詞気に入ってます(笑

○ぶーた覚醒
最初期から一緒に居るのに、扱い薄いなぁと思ってた所でココ一番の見せ場が。あ、4話は無しね(笑
人間以外の動物代表ってトコロでしょうか。
腕は良くても、螺旋力を持たない獣人がグレンに乗るってのはグレンラガンの力完全に発揮出来ないんじゃないのん?って思ってたトコロに来た救世主。
最初からずーっと一緒に居た子なので、これは何かじーんとくる演出。

○死を呼ぶ女ヨーコ
タブンだれしもが思ったハズ(笑
ヨーコにちゅーする男は死んでゆく・って不名誉なレッテルが(笑
ヨーコ再登場時からキタンのヨーコラブラブフラグは臭ってたので、もしやヨーコはキタンとくっつくのかなぁと思ってましたが、その前にキタン死んじゃった(´;ω;`)
それにしてもヨーコはホント大人の女性っぽい雰囲気出してるなぁ。
突然ちゅーされた時の対応がもーね、カッコイイ女って感じでした。
カミナの時はただただかわいかったのに…
だってほぼ間違いなく、キタンにちゅーされるまでヨーコキタンの気持ちには気づいてなかったよ(笑
「子供に会いに〜」って台詞付近の会話の受け答えなんてどうみても男同士の戦友の約束だったもん(笑
まぁ、「子供好きなんだ!」なんて余計な言い訳入れるキタンのヘタレっぷりが最大の原因で、そこがまたキタンっぽいんですが(笑

個人的には、離島で先生してたりって話の流れ的には、まだまだしょーがないのかもしれませんが、戦い終わった後とかにでもゆっくり時間をかけて、キタンに幸せにしてもらえたらよかったのになぁ…

○キタン散る
前話で次々と散っていくグレン団の仲間達でしたが、最後のトリ(?)を立派に努めました(´・ω・`)

前話からのこの流れはちょっとウマイと思った。
あからさまに知名度の低そうな人から順番に散ってゆくって、ある意味残酷な演出なんですが、一人目を助ける為に駆けつけた2人が散って、ミギーとダリーを助ける為に双子のおっさんが散った。そして一話またいで、その他大勢の代表格であるキタンがシモン、そしてヨーコ、グレン団を守る為に散って行くんですよね。
ちょっとあからさま過ぎますけど、無駄死には一人も居ない…最初の人…居ないの!居ない状態で段階を踏んで盛り上がる構成。
まぁ一応キタンはヨーコとこれからどうなるのか、って印象を与えておいて一話はさむ事で生存の可能性を多少なりとも視聴者側に残してたんでしょうが…まぁちょっと弱かった…っていうかむしろ逆効果?
まぁてるひさんは素直に楽しむたちなんで、素直に「生き残ってヨーコに思いが届くのかも!」ってギリギリまで期待してましたケド。

○お守りドリル
トドメ用のミサイルぽっどさえ壊れなければっ(´;ω;`)
お守り用に持ってきたグレンラガンのドリルがギリギリの状態でキングキタンの手と融合する様、目に浮かぶぐるぐるは螺旋力は生きようとする力が絵的に表現された…いあ、こむづかしいの抜きにして、かっこよい演出でした。
キタン・・・最初キライだったけど(いじけシモン置いといてリーダーになった時とか)君の事も忘れないよ(´;ω;`)

○超銀河グレンラガン
登場シーンがいかにもなガイナックスご謹製。
王道は王…
素直にかっこよかったです(笑
シモンのゴーグルがカミナのサングラスに変わった時はうおおおおーって叫んじゃった。
まぁそれ通り越してトゲトゲになってたケド(笑
個人的にはカミナサングラスで止まって欲しかったけど、まぁ、ココまで来てカミナ止まりってのも何だしね。

それにしてもグレンラガン、グレンラガンがアークグレンラガンに乗り込んで、アークグレンラガンが超銀河グレンラガンに乗り込むって(笑
マトリョーシカ思い出した(笑


何か色々とこむづかしい感じで書いてますが、お話事態は力技と勢いで突っ走ってる雰囲気ありますが、意外とちゃんとそんなのが理屈じゃなく、キャラクターのきめ細かい演技で、無理無く心で理解できるだけの丁寧さのある作品です。
剛と柔を併せ持ってる…とでも言いましょうか。
勢いに霞む事もありますが、意外や意外しっかりしたアニメ作品しています。
何かそーいうトコロが最初に書いたガイナックスっぽい、じゃない、トップを作った所らしい感じがします。

最初といってる事違いますが、
結構名作だと思いますよコレ。
>桐野隼人
おーおひさしぶりですー(o^∇^o)ノ
大して面白い記事も書けないてるひさんですが、やっぱりそれでも見てもらってると聞くと嬉しくなるからブログ書いてるんですよね。下手なりに(笑。

お勧めいただいたアニメ両方とも見てないどころか存在すら…(笑
あーケド、クラッシャージョウとやらは前に誰かにお勧めされた気がします。
まぁ見てないんですけどね(笑

テレビ放映分とか結構てるひさん平気です。時間あると普通にエウレカ→ゼーガマラソンとかする人ですから(笑
どっちも、兄のDVDライブラリーにあればすぐにでも見れるんですが、多分クラッシャージョウはお勧めされた記憶があるのに見てないって事は無かったのかと…
DVDレンタルってあまりしないんですが、見かけたら無理してでも見ますね(o^∇^o)ノ
お勧めありがとーございます。
っていうか「無責任艦長」ってタイトルは妙に引かれるなぁ(笑


内輪ネタできょーしゅくですけど、うちの某謎知識豊富な艦長を思い…あ、その人全然無責任じゃないと思いますけどね(笑)

「あの、艦長その知識どこで…」
「…(無回答)」
「それは○○で○○だから○○で…」
「あの、艦長そんな知識どこで…」
「…(無回答)」
「それは○○で○○だから○○で…」
「あの艦長…

みたいな(笑
posted by てるひ at 02:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | グレンラガン
この記事へのコメント
Posted by かんちゅう at 2007年09月19日 11:19

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。