2007年09月15日

劇場版AIR

劇場版AIR

アニマックスで見かけて、主人公がヒイロだったので勢いで視聴。

劇場版ってタイトルに付いてるってことは、多分コレ、テレビアニメか何かの総集編的なんだろな。

さて、このアニメを見た感想ですが。
…あー、最初に書いておきますが、このアニメが好きって方もし、万が一居たらごめんなさい。ぼろくそに書きます。

最悪最低

劇場版と言う事で、多分時間の都合で相当カットされてる部分もあると思います。
もしかしたらテレビアニメを見てたのなら、もう少し印象が違ったかもしれません。
にしても、ラストやキャラ設定がアレじゃなぁ…期待は出来ませんね。

てるひさん的あらすじ。
一人旅を続けている主人公がふらりと立ち寄った町で出会った少女と仲良くなって、母一人子一人のその家に居候させてもらうんですが、実はその子と母親は本当の親子じゃなくて、さらにその子は原因不明の「好きになると死んでしまう」と言う良くわからないトンデモ病気で、お母さんも好きだし、主人公も好きだしで最後死んじゃいました。
ってお話。

まぁ簡単に言うと、「感動の押し売りストーリー」

○主人公と少女
少女積極的です(笑
であったばかりの主人公を家に泊めちゃいます。
それはまぁ…アニメ的にはアリですよね。
自分の命が長くない事を知りつつ、明るく元気に健気に生きています。
例の如くで主人公を好きになります。
「翼人伝説」を読んで好きな人に「好きだ」と伝えたら死んでしまう翼人、自分も人を好きになったら体が痛くなる、いっしょ!主人公に引かれてる自分の命が長くないと判断して、死を覚悟して本当の母親と義理の母親との感情に、自分なりのケリをつけた直後にイキナリ主人公にキスして告白…って事なんでしょうが…。
…相手の気持ち無視でイキナリ「キス」っすか…

そして後日も、まるで形見とばかりに自分の大切な恐竜グッズ渡した後に主人公からのキスをせがむって…
なにこの自己中心。
いや、確かに元がテレビアニメだったとしたら、もしかしたらもっと色々なエピソードがこの間にあったのかもしれませんけど…
相手の気持ち無視でこれはなぁ…この少女こういう子じゃないでしょ…

お母さんとの問題やらなんやらで、「自分より相手を気遣う優しい心の健気ないい子」が、相手の気持ち無視でこういう行動って違和感ありすぎ。
こーいうところが、何かもう感動シナリオに強引に引き込もうとしているむりやり感が拭えない。

○逃げる主人公
まぁアニメ的にはヘタレ。
普通の人なら当然の反応。
少女かわいそーだけど、流石にこれはしょーがないわ。

○裏切るおかーさん
まぁ実際裏切ったワケじゃないんだけど、やっぱり愛してるからこそ、少女を見てるのも辛いってのもあるんでしょうけど、愛してるからこそ、冷たく突き放してでも生きられる可能性に…って立派なおかーさんです。

○翼人伝説
主人公と少女の合間に少女の語りで進んでいくんですが、意味不明。
あまりに悲しく不幸な物語。
お話の意味はわかりますが…今の二人の関係をトレースしただけ(お話的には今の二人がその翼人伝説の二人をトレースしている)の伝説を語る事に一体何の意味があるんでしょうか。
「過去はこうでしたが、主人公ががんばったので少女は助かりました」ってのならまだしも…
それどころか、少女が死んでしまう理由付けにすらなってない。
その翼人と少女の関係もまったく説明ないですし、まぁ当然お話に組み入れてる以上無関係ではありえないとしても…
翼人は好きな人に好きって言ったら死ぬ呪いでしたが愛を貫いて死にましたー
少女もおなじですー。

で?っていう。


もうとにかく、「原因不明の難病」ってのが卑怯すぎる。
1mgの救いもない。
ただただ、「かわいそうな少女がかわいそうでしょ?」って見せ付けられるだけのアニメ。
お話の深みも感動も無くただ単に不愉快な気持ちが残るだけ。

更にそのキャラが萌え系のかわいいキャラでいい子なもんだから、なお更「ほら、こんなにかわいくていい子がこんなに不幸でかわいそうでしょ?泣けるよね?」って感じが更に気持ち悪い。

まるで子供虐待している様子を親が自分で録画して、「ほら、この子可愛そうでしょ?こんなに辛い目にあってるのに前向きに頑張って、一生懸命笑顔を忘れずに頑張って生きてるのに最後死んじゃうんだよ。かわいそうでしょー泣けるよねー」

って感じで見せられてる気分に近い。
非常に安っぽい、暴力的に感動を押し売りしてくる酷い作品。
見て後悔したアニメって生まれて初めてでした。
posted by てるひ at 16:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ・特撮
この記事へのコメント
どもー桐野です・・何年ぶりかですね・・笑

まー今までもというか相変わらず、ずっとROMしてましたよ

まーまたひどい話・・というかいっそ悲惨なお話ですねー・・

口直しになるか・・(ならなかったり・・もしくはモー見てますかもしれませんけど・・)
どうかは、わかりませんがあえて2本・・のお話をお勧めしましょう

1本目は「無責任艦長タイラー」小説の方や
OVAのシリーズはあえてカットで・・笑
まーテレビ放映分って考えると長いから・・お勧めに向いてないかな?
キャラクターとストーリーはお勧めできますよ〜

2本目は「クッラッシャージョウ」
ちと時代が古いかもなんですけどね〜
てるひさんの世代にどう写るのかそれに興味深々ということで・・でも・・どこかにレンタルあるかな?

まーお勧めなんですけど見るということに関しては・・どっちも少し微妙かもですね・・
まーひどいお話の後には・・面白いお話は他にも沢山あるでしょうがーあえて見る機会があればーお勧めいたしますよー
ではではー
Posted by 桐野隼人 at 2007年09月18日 16:54

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55476449
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。