2007年09月12日

子供からみた子供論


「失敗犯す」でも「少年犯罪には厳罰を」矛盾する子供観

ちょっと今日はまじめなテーマ。
************************
「子供は失敗するもの」「しかるときは言葉で納得させる」としている一方で「少年犯罪が増加した」「犯罪少年への厳罰化には賛成」−。大人の子供を見る目がゆらいでいることが、民間の教育研究機関「臨床教育研究所 虹」(所長・尾木直樹法政大教授)の調査で明らかになった。尾木氏は「大人自身がゆとりをなくしている反映ではないか」とみている。
************************


正直、十代前半のてるひさんがこういう事に口を出すのはなんとなく駄目な気もするんですが、「こういった問題を子供自身はどう考えてるか」って事ってあんまり目にしないじゃないですか。
まぁだからなんていいますか、…不謹慎かもしれませんが、てるひさんなりに十代女子的立場から考えながら書いてみるのも、まぁ面白いかなぁとか思って。

ぶっちゃけると…何か難しいこと考えたり書いたりしてみたいお年頃なの!!(笑

*********************
大人が思う「よい子」は「あいさつができる」(56・5%)「ルールやマナーを守る」(48・6%)「ハンディのある人に優しい」(44・4%)
*********************


挨拶は大事なのです!(o^▽^o)ノ

ホント挨拶って大事ですよね。
一番最初に覚えた日本語は「コンニチワ」。
大抵の外国人が覚える最初の日本語だと思います。
ってそれくらい挨拶は大事。

てるひさんは兄の職場に結構な頻度で出入りするんですけど、

昔はそりゃ当然知らない人ばかり。
しかも職場ですから、当然大人の人ばかりなんですよね。
人見知りなてるひさんは、なんだか照れくさかったり、何となく怖かったりで自分から挨拶が出来ない事とかが良くありました。
けど、大抵大人の人がてるひさんを見つけると「コンニチワ」って笑顔で話しかけてくれたんですよね。
怖い顔したおじさんや、偉そうな雰囲気のおじさん、掃除のおばちゃんやらみーんな。
元々病弱でお外に出る機会の少なかったてるひさんは、突然そんな大人の人ばかりの見知らぬ場所に連れて行かれて、正直初めて行った時は怖かったですねぇ。

「コンニチワ」って挨拶されるから「コンニチワ」って返す。
そして会話がはじまる。
あぁ挨拶ってステキだなぁって子供心に思ったものです。

まぁそんなこんなで、結構ちゃんと挨拶するってことが身についてるてるひさん。
最近は兄の職場の関係でモデルの真似事みたいなこともしたりして、兄の職場以外の会社やらスタジオやらに連れて行かれる事も多いんです。
で、そこで実は結構てるひさん的に不愉快な事が意外に多い。

大人の人が挨拶してくれない人が多いんですよ。
ウソじゃなく結構な頻度で。

こっちが「おはよーございますー」って挨拶しても、てるひさんをチラッと見るだけですぐお仕事の話しだったり、「あーはいはい」とか挨拶になってるんだかなってないんだかわからない挨拶。
当然笑顔なんて付属してきませんよ。

忙しいのも解るけどさー(´・ω・`)

まぁ最近はもうそういう人も…としか思いませんが、最初の頃はてるひさんも若かったので、いちいち憤慨してましたねー。
そして「そんな思いするくらいなら挨拶なんてするだけ損じゃん」等と思うことも。

何が言いたいか解ってもらえたと思いますが、
>大人が思う「よい子」は「あいさつができる」(56・5%)
っていうなら、まずその大人がちゃんと挨拶できなきゃ駄目じゃん。
ちなみに、他の正式な、同い年位のモデルの子といっしょにお仕事する事あるんですが、そゆ子といっしょに来ている付き添い?親?わかりませんが、そういう人がちゃんと挨拶してくれない人だと、ほぼ確実にその子もちゃんとした挨拶してくれません。
酷い子になるとイキナリ人の顔見た途端「金髪だ!なにじん!?」とかね。

あれはショックだたなぁ(´・ω・`)

何か思い出話いれたせいで、導入部分のつもりだったのに何か無駄に長くなた(笑

まぁ根本的に、そゆ大人の人たちは忙しいから段々そーいう風になって、そーいう人が回りに多くてそーなって…
って変なスパイラルのせいじゃないかなぁと思うんですね。



*********************
「しかる方法」(複数回答)としては「言葉で納得させる」が85・1%で最も多く
*********************


言葉で納得させるって難しいと思いません?
てるひさんだって兄に叱られるのは結構しょっちゅうですよ。
ココには滅多に書きませんが、兄とさっちんが結婚してから、さっちんにも叱られる事は多々あります。
でもね。
叱られてる時って大抵「なにくそー」とか、「好き勝手いいやがってー」とか、怒られている事に対するてるひさん的な主張があったりとかで、正直理解できないと言いますか、理解しない、といいますか、納得できない。
長く長くお説教されるのが辛くて悲しくて逃げたくて、何も悪いと思ってない、単に怒られているのが嫌って理由で「理解したフリ」「納得したフリ」で逃げ酔うとすること、結構……いえ、ほぼ確実に毎回そんな感じ…(笑
てるひさんのパパ、ママ、兄もさっちんも、そこらへんを解ってるのか解ってないのか。
大抵はそんなてるひさんの逃げは通用しません。
解りやすくする為に一生懸命、噛み砕いて何が悪いのか、どうして怒られるのか、てるひさんが理解できるまで…そりゃもう嫌になるほどお説教されます。
酷い時には軽く2時間から3時間とかあたりまえに。
そこまでされると「やったことの善悪」以前に、「ここまで必死にてるひを叱るって事はてるひさんは相当悪い事をしたんだ」って思うわけですよ。
こう書くと何か洗脳されてる気分になってきますが…(笑
まぁしっかりと叱られると「叱られてる内容」抜きにして自分が悪い事をしたから叱られてるって事が理解できる。

そして、大抵は後になって、「あーアレはあれだけ叱られる理由があったんだ。てるひさんが悪かったんだ」って実体験とかで初めて理解できるわけですよ。

まぁツマリ何が言いたいのか、というと、
子供相手に「言葉で納得させる」ってのは相当難しいし、時間のかかる仕事だって事。
だって、子供だからモノ知らないし、知識も少ない。
けど子供にも自我はあるし考える力もある。
自分の持ってる知識で考えた結果やったことで叱られてるワケですから、
そう簡単に理解できるハズがないのです!。

…これはてるひさんが強情だから…ってワケじゃない…よね?

まーでもさ、子供だって「反省したフリ」ってのは普通にするんですよ。
だって、てるひさんみたいにコンコンと説明された後だって、実際その叱られた理由に完全に納得が出来るのって、相当後になったりして頭が冷えたあととか、実体験で理解できたりとかした後だけだよ?

んで、

挨拶すらちゃんと教えられない忙しい大人に、本当に「言葉で納得させる」なんて事が出来るの?
って思ったワケですよ。

「子供は失敗するもの」

まぁそれこそてるひが言うことでは無いですけど、失敗だらけですよウン。
でもそれが「失敗だ」ってわかるにはそれまで積み重ねた失敗から学んでるからこそ、なんですよね。
けどその失敗を理解させるには大人の大変な労力が必要になる。
「しかるときは言葉で納得させる」
じゃあその労力すら受け入れない場合。
つまりは子供が話を聞かない場合はどうするんでしょうね。

てるひさんは兄に聞いてみました。

兄「ぶん殴って聞かせる」

(゚ロ゚; )エェッ!?
…ってまぁ、当然です…ね(´・ω・`)。

そんなてるひ家は別として、
最近はちょっと殴っただけで学校の先生が叱られるよのなか。
そしてその先生に責任とれって怒る親。

「子供は失敗するもの」

本当にそう理解するのなら、
弱者である子供に対し、寛大な精神が失われつつあるからではないかと分析
するのならば。
社会が余裕をなくし、大人の生活が苦しくなっている
なんて言い訳をする前に、
少年犯罪の厳罰化
何て言う前に。

本当に責任を問うべきは、その親に対してではないかと思うのですが。

だってさー
いや、てるひさんはもし自分が何らかの犯罪を犯して、兄が責任取らされるとかなったら、「ちがうよ!てるひさんが悪いんで兄悪くないよ!てるひさんはてるひさんって立派な一個人だよ!兄は関係ないでしょ!!」って思いますよ、そりゃ。
親が責任を取るなんておかしいですよ?。
こちとらちゃんと考えて行動してるんだから。
自分の未熟さで間違いを起こしたのなら、その未熟さだって自分の責任じゃん。
てるひさんはそー思うよ?

少年犯罪の厳罰化、どーんとこい。
もし自分がそんな事やったとしたら、悪い事やった責任くらいは自分でとるさー。
まぁ絶対しないけど。

けどさ、

**********************
尾木氏は結果が矛盾、分裂しているのは、弱者である子供に対し、寛大な精神が失われつつあるからではないかと分析。その理由として社会が余裕をなくし、大人の生活が苦しくなっているからではないかとしている。
**********************


これってさぁ単に「うちの子に限ってそんな事はない」って感情からこういう結果になってるんじゃないかなぁって思うんですよね。
んで、蓋を開けて見たらそういう親の子に限って犯罪おかしてたりする事実…
もっとしっかり受け止める必要があると思うんだ。

ってまーアレだねぇ。
てるひさんが言ってもなーんの説得力もなければ、偉そうに言える立場でもないんだよねぇ(笑
まーでも、てるひさんがお母さんになったら、自分の子供にはしっかり時間をかけてあげたいと思うよ?
てるひさんを育ててくれた人たちがそーしてくれたように。


何かてるひさん、ちょっと泣けたりするようなこと言ってない?(笑




>かんちょう
なにおー、必殺仕事人含む時代劇は日本人の作り出した最強のエンターテイメントじゃないか!
日本に住む一人として何時の時代になっても中村主水くらいは常識ですよ常識!

(o^▽^o)ノ(o^▽^o)ノ
posted by てるひ at 19:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | 研究
この記事へのコメント
長い文章はかくなとあれほど・・・
しつけの問題もバカ親の問題も
簡単な解決方法があるのさ。
わしもそれを実行しておる。
まさにそれが真理で皆さんそうする
と地球は平和になること間違いなし。

※長文は1/3くらいしか読みません。
Posted by もぎら at 2007年09月12日 22:20
(゚Д゚)うちのスネチャマに限ってそんなわけないざます。悪いのは全部他人ざます。

( ´_ゝ`)ネタだと思ったら、実際こういう親が増えてるんだよね。いやまじで。
給食費問題とか体罰問題なんて、その最たるもんだわな。

俺なんて中学時代に宿題忘れたら、数学の先生に黒板用のでっかい木製の分度器で頭殴られて流血した事あるわい。
その先生がその時言うた言葉は今でも覚えてる。
「先生が殴って流血したのはおまえで二人目だ。ワッハッハッハ」
( ´_ゝ`)わらえねぇよ。

それうちの親に言うたら、
「それで頭良くなれば良いよねぇ〜」だとさ。

我が家は厳しい家柄で、風邪引いて熱38度あるのに
「学校行けば治るわっ!とっとと逝け!」と申されます。

喧嘩で手を数針縫う怪我した時は、
「喧嘩程度で血流すな!」
と、怒られました。
(´・ω・`)怒る場所違うと今でも思います。

( ´_ゝ`)俺の親ってある意味すごくね?
Posted by ろん at 2007年09月13日 01:04
おやおや、その親にして子あり・・・
がぶろんたん;;
Posted by mogira at 2007年09月13日 01:58

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55044786
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。