2013年10月26日

シャンドラとゆかいな仲間たち

先日ギルドのメンバーとシャンドラマナイアの迷宮(下級)をクリアしてきました。

TERA_ScreenShot_20131025_224938.png

TERA最高難易度のID(インスタンスダンジョン)の呼び声に恥じない難易度でした…
さらにこの上に「上級」があるとか信じられない気分です。
まぁギミックさえちゃんと把握してしまえば、
あとは慣れかとは思うのですが…

昔さんざんやってたクリック式MMOとは違い、
アクション要素の強いTERAでは、なかなかSSをとる余裕がないです…
しかも、SSとる際に自動でUI無効化してくれるなんて素敵仕様ももっておらず、
UIなしSSをとるにはいちいちUI非表示にする手順を行わなければならないのです。

UI非表示にするには指定コマンドキーを押すだけではあるのですが、
そのコマンドキーがくせもので、
押すたびに「UI非表示モード→キャラ視点モード→通常モード」
と順番に変更される仕様。
つまり、UI非表示にしてSS撮影してから一回別視点を経由しなければ通常にもどれない。
戦闘中にそんなことやってられるかあああああ(-_-メ)
これには参りました。。。

さらにUI非表示モード中は本当に非表示になっているだけで、
見えない状態でそのままキー操作自体はそのまま生きているため、
間違えてUI非表示モード中にチャット入力モードにでもしようものなら、
コマンドキーを押してもチャット欄に入力される状態になってしまい、
もうモード変更するにも一苦労(^_^;)。
普通チャット入力モードになったらチャット画面だけ復旧するとかあるでしょうに…
っていうか、そもそもSS撮影時にUI省く機能位つけててほしかった。
グラフィック売りにしてるんだからさぁ…

まぁ、そんなわけでMMO戦場カメラマンを自負しているてるひさんには、
基本ふほんいな記念撮影SSしか取れないわけですが、

せっかくなのでシャンドラクリアしたメンバーで記念の一枚。
ここはシャンドララスボスの部屋入口手前で、
初回チャレンジ時のものです。
とてもきれいだったので記念撮影です。
この直後に地獄が待っているとも知らず。

TERA_ScreenShot_20131024_214949.png

簡単に紹介させてもらうと、
てるひさんの両側に居るのが通称「双子ちゃんズ」のお二人。
プリーストのリトアさんと、ウォリアーのユナキちゃん。
「ユナキちゃん」は実質PTのリーダー的なカンジ。
職に恥じない盾と火力のハイブリッドをこなす、
まさに勇者さまですねー。
まぁ、中身は元気いっぱいかわいい妹ってかんじですが(笑
「リトアさん」は驚異のサバイビリティを誇るプリーストさん。
まさにPTの生命線。

とても上手なプリさんで照姫の立ち回りの参考にさせてもらってます。
っていっても、PSの差だけはどうしょもないですが(^_^;)
ユナキちゃんとは逆に落ち着いた雰囲気のおねいさんって感じですが、
時折腹黒い感じの発言が飛び出したりします(笑

そのお隣がしゅごさんこと皇国の守護者さん。
このPTのっていうより、完全にギルドのメイン盾さんで、
どこいくにしても守護さん待ちパターンが多かったりするです(笑
特に盾さんとしての最近の安定度はぴか一で、
もう脳筋てるひも安心して全力を出せるです。
初めてギルドで行った巨人で、スタンプのたびに転んでたしゅごさんが懐かしいです(笑

そして、最後に後姿で語るぐりさんことぐりさん
ギルドのアイドルでムードメーカー。
みんなだいすきぐりもあーる♪

ぜんぜん簡単じゃなくなった(笑
※ぐりさんを除く。まぁぐりさんの魅力は言葉でつたわらないよウン(笑

まぁ、この記念撮影の直後、
5人はシャンドラマナイアにけちょんけちょんにされて、
第一次攻略作戦を5回のリトライの末、悔しさの涙に濡れつつ撤退。
翌日、第二次攻略作戦を決行、3回目のリトライでようやく撃破の運びとなったわけです。

細かい攻略のお話などはまた後日〜
にしても、TERAのいいSSツールとかないもんかなぁ…
ぐぬぬ


posted by てるひ at 10:48 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | TERA
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378581238
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。