2007年02月28日

次世代コントローラーの考察

DSのタッチパネルの成功も「手軽さ」。
十字キーで選択してAボタン、
みたいな作業を必要とせず、
選ぶ部分にタッチするだけ。

タッチパネルに慣れると、普通のゲームでコマンドを選択するために十字キーの下を何回も押してAボタンって作業すら面倒に感じる。
脳トレみたいに「実際に書く」って作業も楽しいのは楽しいですけどね。

で、Wiiのリモコン。
DSのタッチパネルと同様にゲーム機としては新しい形態の入力デバイス。
DSの「実際に書く」と同様に「実際に動く」と言う楽しさを提供しています。
でも、そこには「新しい楽しみ方」に偏ったばかりに「手軽さ」が抜け落ちてる様な気がします。

結局過去のゲーム機のコントローラーの煩雑なボタン群も、
ボタンを増やし「ワンボタンで出来るコト」を増やす事によって、
「手軽さ」の幅を広げようとした一つの結果的な側面もあると思います。

振動機能などで「体感」の楽しみを付け加えたりしてきましたが、
あの形態での限界を感じた任天堂が出した答えがタッチパネルであり、
リモコンなのでしょう。

ご家庭用の据え置き機には当然タッチパネルが使えないので、
その代用として考案されたのがリモコンなのはわかりますが、
どうしても「ナナメ上いっちゃった感」もしくは「暴走しちゃった感」が拭えません。
理由は先に書いた通り「手軽さ」が抜け落ちてるからです。

どんな製品でも、ロングヒットになるためには「手軽さ」は絶対欠かせない要素です。
タッチパネル同様の「手軽さ」を出す為に、マウスのようにリモコンでポインタを操作させる、
といった使い方も考えられ無いワケではないですが、
過去の銃型コントローラーの前例があるように、
ゲーム中、持った手を持ち上げ続けなければならないというのと、
タッチパネルやマウスに比べて狙いずらい、といった欠点まであります。
これでは「手軽さ」どころかストレスの元になってしまっても不思議じゃありません。

確かにWiiの「実際に動かす楽しみ」はあるでしょう。
が、長い目で見た時、果たして本当に次世代の入力デバイスとして浸透するものなのでしょうか。
てるひさんには正直疑問に思えます。

もちろん、リモコンでしか楽しめないタイプの本当に面白いゲームが登場し、そういった楽しみが浸透すれば話は別ですが。
でもそれは、もう既に現状のゲームとは別の、新しい形態の楽しみ、な気がします。
もちろん任天堂さんはそれを目指してるのでしょうが・・・
はたして本当に家庭用ゲーム機にそれが馴染むのでしょうか・・・

では、コントローラーは限界、リモコンは手軽とは必ずしも言えない。
と考えた場合、どんな入力デバイスこそが次世代に相応しいのか、とか考えてみた時、
何気に

「マウスとキーボード」が最強な気がします。

「マウスとキーボード」って意外と、既に完成された、
究極の入力デバイスツールなのかもしれない気がしてきました・・・

ま、てるひさんのひんそーな脳みそで思いつくのはその位です。

Wiiのリモコン振り回して楽しいのって最初だけじゃない?
飽きたらだんだん面倒になってやる気無くなりそ。
それに比べてマウスとキーボードって最強の入力ツールだよね。
posted by てるひ at 14:17 | Comment(5) | TrackBack(0) | 研究
この記事へのコメント
花札屋さんは64の時に 本体の性能で他と勝負しても勝てないのを学習したので
路線を変えたとおもわれます。
アーケード機では体感系が人気有ったのも一つかと。
Wiiリモコンも TVでしか観たことも触ったことも無いですが
アレは Gとジャイロセンサーなんかね?
それならテーブルに向かって 書道の筆みたいに書けば
画面に書くこともできるはずなんですけど。
まぁ センシングの精度によりますが。

キーボードも 配列覚えないと使えなく
マウスを画面に当てて カーソル動かそうとするのも まじめに遭遇してますから
誰でも使えるという意味では ペンタイプが最強なんじゃないかと。
ブラウン管TVの頃は ペンで画面を直接触れたから良かったのですけど
液晶ではムリですからね。

次のお手軽入力デバイスは ヘルメットかな?
脳波だかシノプス電流だか読み取って入力でしょ!w
Posted by ナニカ at 2007年03月01日 01:21
Wiiって本体横になんかレーダーみたいな受信機(リモコン位置測定器)がなかったっけ?
PCのデバイスに関しては、フライトシムの要求によりハット付ジョイスティック(ハット=ジョイスティックの先端についたジョイスティックみたいなの)+サイドコントローラー(多ボタン付きグリップ)+ペダルという実航空機を模した装置が発達しただけでなく、今では頭の傾きを測定して入力に使う装置(トラッカーIR)が浸透しはじめてるようですね。

しかし、熟練すると1ドット単位で操作できるボール式マウスが最高なのかもしれない。
Posted by kanchou at 2007年03月01日 10:39
蘇るネジコン。
Posted by ろん at 2007年03月01日 11:23
Posted by ナニカ at 2007年03月17日 19:36
Posted by ろん at 2007年03月18日 11:50

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34914255
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。