2006年09月22日

舞浜の空は

「舞浜の空は青いか」

なにげにこういうフレーズに弱いてるひです。
「月は出ているか」とか、お空の状況の質問系?
なんだかよくわかんないけど、心惹かれる。
カッコイーと思ってしまう。


そんなわけでゼーガペイン第…話「舞浜の空は青いか」

■シズノ先輩の正体の暴露。
まず、前回アレだけカッコよく散っていったAIが全員乗っ取られて敵に回ってたのには参った(笑
なんか妙にテンション高いし(笑
「所詮AIかよ!!(笑」と言いたくなった(笑

で、シズノ先輩の正体暴露ですが、まぁ予想通りっていうか既に周知の事実っていうか。
いわゆるAIの進化版だったワケですが、既にてるひ内では確定事項だったので驚きも何も無し(´・ω・`)。

■キョウちゃんお友達軍団
投石でアンチゼーガを撃退(笑

投石を受けたガルズオルムが、何だか昔(人間だった頃の細胞?)がうずくとか言いながら「ここは居てはいけない場所だ」って逃げてく様が何とも言えず、単純でベタではありますが「人の思いの強さ」を表現した中々の好シーンではないかと。
傷一つ付けられない投石と言うよわちー行為、
更に、思いの強さでパワーアップしてても、
それでもやはりゼーガペインを揺らす程度でしかない弱い攻撃。
あくまでも徹底して「攻撃とはいえない程度の弱い行為」だったのが良かったな、と。
ありがちな「思いの力で超絶パワーアップor超絶攻撃で撃退」なんかよりずっとココロに染み渡る表現でした。

■復元者の最後
逃げるガルズオルムを後ろからトドメさすキョウちゃん達マジ外道(笑

上記投石で人の想いに脅威を受けて逃げ出すガルズオルムのシンとアビスの背後からキョウちゃん特攻、殲滅。
手を取り合おうと伸ばす二人、しかし届かず引き裂かれ消えゆく二人。

なんかあまりに可愛そうな演出に違和感。

っていうのも、敵の象徴、悪の象徴みたいな二人の最後にあのせつなさ全開の演出って、普通しないよなーと。

■そしていろいろ再生
全体的にベタです。
が、一つだけ納得行かないのが、
感情無しリョコちんに感情の戻るシーン。
あれはだめだろー。あれはゼーガっぽくないよっ!!
戻るのはいいんだ。
せめて「サーバーをアルティールに移した後」なら、まだ許せる。
けど、あの段階でリョコちんに感情もどるのは、ゼーガらしからぬご都合主義すぎる!。

…って思ったけど、まぁ無理やり考えたら、まぁアルティールで舞浜サーバーに入って戦った実績がどーとかって捉えられなくもないか。
でもやっぱりちょとなんかご都合主義っぽくて残念。
あのタイミングで感情もどるのが、お話的に綺麗だってのはまぁワカルんですけどね。

そして再生した直後の手を繋げない演出はお約束っていうより、
定番、いや、ある意味必須、必要不可欠な演出。
が、その直後しんみりせずに笑いあう二人が素敵すぎ。

でも、サーバー、もしくは幻体しか存在しないあの場所に空気があるのはどうなのか、ってのは流石に突っ込み過ぎか。

■そしてフェイズ4
よく考えたら、生身になった以上、死んだら復活はありえないのか…
まぁ、サーバー抱えてる時点で死んだらそれで全ておしまいですね。
積層化QLの無いフリスベルグ。
あぁ、クリスと双子片割れが一番本死亡フラグに近い気が…
ルーシェンと双子片割れ気が強い方はギリギリ助かったってのに…

…ってアレ?あの二人助かったシーンって、シマ指令ネコがデータ化→AI達登場「私達が助けました」の流れでしたっけ?
あれ?なんでシマ指令ネコがAIたちからのデータ運んできた係り??

何気に最後の伏線か??

話戻して。

■キョウちゃんと次回予告
さて、完全に記憶を取り戻したらしいキョウちゃん。
何十年、もしくは何百年も一人で過ごさなきゃならなくなったキョウちゃん。
ってまぁ、幻体とお話程度はでけるのか。
でも、皆復活する頃にはキョウちゃん一人だけ死んでる可能性の方が高いですよね。
だって…地球食べ物とかもなさそうだし…(笑

何にせよ、次回予告からみるにどうやらキョウちゃんの謎が説明される?
完全にスルーされると思ってたよ。
貝殻を耳にあてるキョウちゃんはリョコちんの映画のシナリオのアレですね。
あれどんなお話でしたっけ?
記憶を入れた貝殻を好きな子に預けて戦いに行って、戻ってきたら誰も居なくて貝殻も壊れてた、ってお話でしたっけ?

一番当てはまるのは今のキョウちゃんかもしれませんが、預ける相手が居た場所はどう考えても舞浜以外にはありえないですよね。
キョウちゃんが幻体に戻りたがってるお話なら自然ですが、逆ですし。

■久々の注目ポイント…
・ナーガとかデフテラ領域とか、まだまだ健在。
・ナーガの「全てがナーガ」の発言。
・キョウちゃんの謎
・キョウちゃんの知ってる本当の「ミサキシズノ」
・シズノ先輩の「ここで待っててあげて」の意味
・タイトルの決まってないリョコちん映画

あー、なんか最後の最後の大ドンデン返しありそーなニオイしてきた(o^▽^o)ノ
まぁ「全てがナーガ」ってのはガルズオルム全体がナーガですよー的に捉えるだけで良さそうな気もする。
それ以上の意味あるとしたら多分話数たらない(笑

あるとしたらなんだろなぁ。
まぁ間違い無いのは、ゆっぴが望む「黒シズノ先輩」の線はもう殆どありえないって事だね(笑

やっぱり一番怪しいのは、現在の状況も考えるとキョウちゃんか…

あぁ、リョコちんひとりぼっちエンドだけはやめてほしいなぁ…

posted by てるひ at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゼーガペイン
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。