2006年07月21日

どん底の更に底

あーまた長い感想文です。
ウン、P3じゃなくてゼーガペイン。

ってワケで恒例の記事逆転です。
先週のカブト、今日見たんですが久々に仮面ライダー的でかっちょよくて面白かったです。
ダブル変身、ダブルキャストオフ、ダブルキック、更に助っ人ぼっちゃまとかとか見どころ満載。

あれだ、ひよりはワームだなキット。

P3、今8月の最初の満月。
多分メンバーは全員そろったのかな?
先輩たち卒業しちゃうことになるし、1年で終わりなのかな?そー考えると、3月末までだから半分まできてるのかな。
…これ、ちゃんと全部の伏線回収、謎の解明とか…されるよね?

>はまちょー
ほう、ペルソナ経験者かー
けど途中までってなんだー(笑

っていうか、まさかちゃんと読んでくれる人がいるとは思わなかった程の長文なので読んでくれてありがとう(笑

>学力、魅力、勇気
そうか、このシステムは3からなのか。
しかも、数値じゃなくグラフっぽいやつなので、ものっそアバウト。
どんだけ勉強したら次のランク行くんじゃごるあーヽ(`Д´)ノって気分になります。
ステータスっぽいステータスは一切無いねホント。
スキルも完全ペルソナ依存だし。

でもこれって、普通の学生が戦うシナリオ的に考えたら大正解だよね。
キャラが生長しちゃうと、戦闘こなす=レベルアップ=ステータスアップ=1ヶ月やそこらでやたら筋力とかムキムキ。
どう考えてもおかしーし。

>1だといきなり学校が崩壊
もっとくわしく。
すごいきょうみわいた(笑

…あぁ、やっぱりいい。
またやりたいゲーム増えたらコマル(;´Д`)

>そこは変わってねぇぇぇ
この類の主人公の設定いらんホント(;´Д`)


ゼーガペイン17話「復元されし者」

前に書いた考察
http://telfiy.seesaa.net/article/20360422.html

冗談半分で書いた予想が殆どじじつに…(;´Д`)
りょーこごめんよおおおおおおおお(PД`q)゚.
ちがうんだじょうだんだったんだ、まさかそんな外道な流れで進むなんて思ってなかったんだああああああああ。・゜・(ノД`)・゜・。

この脚本かいてる人はあれか。
しちょうしゃになにかうらみでもあるのか?
そーなのか?

なぁ、どーなんだい。


■サーバのお話
http://telfiy.seesaa.net/article/20405826.html

はい、こちらで書いた通りの理由が冒頭でリセットの理由として書かれてました。
まぁ「サーバーに限界がある」ってのは当然として、機械である以上故障もする。
そーいえばそれで上海サーバーは止まってたんだっけ。

上の記事で問題にしてるのはミナトっちのドライダメージの原因なんだけどね。

さて、ここでまた一つ疑問。
■じゃあセレブラントの幻体データはどこで保管してんの?
ってこと。
まぁ順当に考えたら覚醒と同時にオケアノスに移動。
しかし、最前線のオケアノスにデータ保存できるサーバーを積んでるってのはどーかとも思う。
舞浜サーバーの別領域とかに保管されてて、単にリセットから除外されてんのかな。
あー、「サーバーの再起動」じゃないんだから、それが一番自然なのか。

■ガルズオルム
さて、やっぱり人間復活の鍵は敵であるガルズオルムでしたね。
ただ、今回の最後のシーンでのガルズオルムの台詞
「この戦いの終末はいつだ」(うろおぼえ)

あー、なんかガルズオルム軍のこいつらもある意味犠牲者っぽいなぁ。

戦うことしかプログラムされてない、とか、知らない、とか。
ナーガによって戦闘用に作られて、実は既にナーガは既に死んでて全てはもう無駄なのに、
忠実に生前の指示に従って戦い続けてる、とか。
既に無意味な戦いを延々と続けてるだけだとか、アリソー(;´Д`)
まぁある意味戦いにおいてはナーガの提唱してた無限進化。

■敵の目的
でも、ナーガって結局、具体的に何がしたいのかまだわからないんだよね。
だって、幻体化した人間による人間の無限進化とかいっときながら、サーバの容量には限界あります。
故障もします。
じゃ、全然無限じゃないし。

デフテラリョウイキとかよーわからんし。

むしろ、死んでも生き返って戦い続けるガルズオルム軍の方が余程無限な気がするよ。

突然予想。
あれだ、ガルズオルムは「肉体」の「無限」で、幻体は「精神や知識」の「無限進化」、戦いでふるいにかけて、最終的に勝ち残ってガルズオルムの無限を手に入れた人がはじめてナーガの提唱する「無限進化」の資格を得るとかどーとか、そんなどっかで聞いたことありそーなお話なんだ、きっと(笑。

■カミナギリョーコ
いやぁまいりました。
まさか本気でアルティールなしでは生きられない体になるとは。
死んだよりはマシとは言えど、あまりに酷くないコレ…

いあ、てるひはあちこちで言われてた「リョーコが昔のキョウちゃんと同じになる説」は絶対無いと思ってたんですけどね。
だって、あれだけキョウちゃんへのリョーコの一途な思いを最後の最後にアピールしまくってのあの事故ですから、復活したらキョウちゃん忘れてましたー(o^▽^o)ノ、じゃその前フリが意味無くなるワケです。
もちろん、アピールすることによって、記憶が失われた悲しさの強調になるのも確かですが、そんなのは3流。だって、この作品の根底として「消されるな、この思い。忘れるな、我が痛み」ってことで、思いの大切さ、強さがテーマになってるのに、そんな意図で「人の思いの強さ」を演出するのは本末転倒。
ってまぁ、そんなのはどーでもいいんですけどね。

なんかもー色々混乱するキョウちゃんをビシっと言いくるめて戦い終わった後、
アルティールの中、キョウちゃんの腕の中でのリョーコの台詞
「キョウちゃん、わたしこんなになっちゃった(泣」
って泣きながら言う台詞がもーさ…

ガルズオルムが復活の鍵って話から推察される最終局面さ。
また冗談半分で書いて当たったらイヤだから書かないけどさ、
イヤーーーなヨカンがするのはてるひだけ?

もしくはさ、それ話としてはあまりに悲惨すぎるんで、
そうならないようにお話の流れの中で事前にアルティールを…とかさ…


何かぜんっぜんリョーコのハッピーエンドが想像できない流れなんですけど、ゼーガペイン…


■自分から自分への日記と生徒会の面々。
あー、シマっちやミナトっち、他の面々が高校生ってわりに妙に落ち着いてる理由が妙に納得。
言われてみれば確かに、そりゃー生徒会室に引きこもりたくもなりますね、ウン。
何しても結局はリセットされて無駄になっちゃうんだから。
しかも、セレブラントはその記憶を持ったまま何百回もそのリセットを繰り返す。

…って、それってそのセレブラントのデータ、膨大にならないのかな?
そんな経験、更に現実での戦闘の経験などなど、増えまくったらそのうちサーバー一個丸ごと分の知識と情報を持ったセレブラントとかになっちゃわないのかなぁ?

何か本気で全てのサーバーもシステムも、一握りの優秀な人間を作り出す為のシステムに思えてきたヨ。


とりあえずさ。
冒頭にも書いたけどさ。

Aパートのラスト、リセットされるサーバーの悲しみの演出

仲良くなった水泳部の面々で泳ぐ。
友情パワーで高校新記録出るカモ!?=最後のキョウちゃんゴールと同時にリセットの時間…

とかの無言演出とかさ…

もうなんていうか、どん底から更にどん底って、毎回毎回どんどんどんどん落とされまくるんですが…
リョウコ復活(o^▽^o)ノってちょっと上がったら上から叩き落とされるし…

どこまで視聴者のココロを削れば気がすむんだこの脚本書いてる奴は…



posted by てるひ at 10:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゼーガペイン
この記事へのコメント
はじめまして。
ゼーガペイン感想で飛んできました。
ゼーガペイン、私も突き刺されまくりです。

私のラスト予想は・・ナーガやガルズオルムの意図やゼーガペインの設計された経緯が分からない現在では予想というより願望です。そもそもゼーガペインがナーガの計画内か否かでまったく状況が違いますし・・キョウ・リョーコは「幻体を維持する機能を持った」「ゼーガペイン」で実体を作り出せる施設に乗り込んで実体を得る・・です。
その後にはサーバー内の人々ももちろん実体化の方向で。
・・いや、これ以外にリョーコが助かる道が考えられませんし(汗)

これまでのストーリーから、ただ落とすだけ落とすような話作りはしないと思うのですよー。
つうか、リョーコ幸せになって欲しいだけだったり☆
Posted by ibu at 2006年07月21日 23:20
( ´_ゝ`)ノ 空気も読まずにP1をクリアした俺が語りにきましたよっと。

P1はストーリーが2通りに分岐するんだよね。学校崩壊話の雪の女王編だっけかな?
それと町の一区画を使っての本編の話と。

んで、5人PTで行動するんだけど、主人公と3人の仲間は固定で、最後の一人だけが
3?4?の中から一人チョイスして冒険でけた・・・はず。

さらにクリア後にそのチョイスした仲間のエンディングがあるもんで、何度もプレイ・・・したかったんだが、一人だけで俺は力尽きた(´・ω・)
(・ω・`)メインストーリーのラストダンジョン9時間かかったんだもん・・・。

んで、P2罪がP1の数年後の話ですわ。話の途中にP1の主だった人達が絡んできまふ。
P2罰は罪の・・・(*´m`)ナイショ
Posted by ろん at 2006年07月22日 08:57

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21138367
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。