2008年07月30日

空の軌跡 3rd @

英雄伝説 空の奇跡3rd

おー、本当にケビンが主人公だぁ。
ケビンのくせになまいきな。

英雄伝説FC、SCのその後として物語スタート。
第0話、前作事件後のケビンの普段のお仕事風景?物語が始まって今回の事件に発展していきます。
ですが、てるひさん第3話現在。
今振り返ると、わざわざ第0話にする必要あったの?
って言いたくなる程、第0話の事件が本編に関係なさ過ぎて困る(笑
まぁプロローグにまで意味を求める必要無いのは判ってるんですが。

FC、SCの登場人物がごろごろ出てきて(続編だから当然ですが)、結構時間の空いた今、懐かしすぎて何だかうれしくなる。
新キャラにしてもう一人の主人公らしきリースが中々いい感じ。
はらぺこりーすかわいいよかわいいよ

何か色々あって、雑魚キャラ代表ギルバートとか出てきてケビンとリースが変な空間にとらわれて、その空間攻略がゲームの本編らしいのですが、これはあれか、「ケビンの不思議なダンジョン」とか言った方がいいんじゃないのか。
確かにこれは前作までのRPGを期待してたら「エー」って言いたくなるかもー。

まぁてるひさんは前情報もらってたので平気。

ってわけで、もくもくとダンジョン攻略にいそし・・・
んだわけですが、なんちゅーかこう、実際は「不思議なダンジョンシリーズ」とはまるで違って、親切すぎる程に親切。
いたれりつくせり。
ダンジョン途中にはチェックポイントみたいなのがあって自由に出入りできるし、何時でもセーブ出来るし敵もそれほど多くない。
回復は無料だし、更に拠点にはCP満タンにしてくれる施設まであるので、ボス前とかにCP貯めるための戦闘とかもする必要も無い。
てるひさんみたいに、シナリオこそがすべてな人には、悪くないシステムかも。

・・・まぁそれはそれでダンジョンやら戦闘いらないんじゃない?って気がしなくもないですが。

とりあえず前事件での「輝く輪」の遺物が発端で、前作事件の関係者が一斉にこの異空間に囚われた模様。
ダンジョンの中で拾った最初の封印石に封印されてたのは、
なんと、我らのティータちゃん(o^▽^o)ノヒャホゥ

・・・けど、あれ?
なんか、台詞まわしが・・・
「かわいいキャラクターとしての記号」の口癖が無駄に増えてるような・・・
うーん、気になる程ではないんだけど、なーんかちょっとだけ「かわいい」を過剰アピール気味な感じが・・・
うん、まぁその・・・気のせいだ。うん

とりあえずティータちゃんもつれて3人でダンジョン探索。
扉発見。
扉に書かれてる内容が、微妙に謎っぽく遠まわしに言ってるつもりなのかもしれないけど、明らかにそのものズバリすぎる人物指定でわらた。
もう普通に「ティータちゃん専用」って書いとけばいいじゃない(笑

で、そこでティータちゃんの過去の記憶とやらのエピソードの前編が。

で、これ、全然前知識なしに気軽に見始めたんですが、
やたら長い長い(;´Д`)
あとで聖杯手帳だかを見ると、長編シナリオの扉だったらしく・・・
自動で進むシナリオ演出なのは、てるひさんには最高なのですが、
途中でセーブできないし、長いしで、「寝る前にちょっとだけ」気分で見始めたばかりに、やめるにやめられずに素直にたのしめないでした(´・ω・`)
せめて一番最初の扉は短編にしとけよー( ;Д;)ノ

物語自体はおもしろいでした。
ティータママのティータ溺愛っぷりや、
知らないところで敵を作ってるアガットの不遇っぷりや、
ティータの筋金入りのメカフェチっぷりが悶え狂うほどかわいいのです。
後編がたのしみー

にしても、
ティータが何気にてるひさんより年上だった事実に愕然とした。

うぅ、てるひさんもあんなかわいい生物に生まれたかった・・・

posted by てるひ at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英雄伝説 空の軌跡
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。