2004年11月11日

心静かに。

結構前のお話なのですが、
プロンテラで露店めぐりをしていると・・・

ちょっとステキな露店発見。




最初は「なんてクサい露店名なんだっ(笑」
と思いつつ中を覗いてみると・・・










大好きです(*^ー^)



思わず買ってしまいそうになりました。
っていうか買ってしまいました(笑

ROやってる人にもこんなステキなセンスを持った人が居るんだなぁと、
ホント心和みました。


さて、また別の日。

何気なく溜まり場で会話。
ゆっぴの頭には頭装備の「ひまわり」。

ちょっと話の流れは覚えてないのですが、
めずらしくひりさんが居なく、にしきの、ゆっぴ、てるひ、しるたんの4人だった時の会話。

確か例の如くゆっぴがウソ臭い話をフツーにして、それを皆に突っ込まれての流れ。



居なくてもネタになるひりさん、ステキです(笑

と、まぁ使いどころに困って保留されていた写真を大放出。
大って程に枚数ないのはご愛嬌。

リサーイクル♪リサーイクル♪やっほーやっほー♪


「早朝飽きるまで亀島オンライン」月間。
早いものでコンボモンクもレベル94。

テレポで飛び回って、近寄ってくるトンボやウサギを、ちぎっては投げちぎっては投げ。
皆さんのアドバイスのお陰でBOT呼ばわりもされなくなりました。

っていうか、最近早朝亀人少ないです。
お昼近くは結構居ますが。

増えてきたら終了。
これも不快な思いをしないための知恵。

「がんばれ指弾系」
と、自分を励ますも無理。

愛はあれども気力なし。

名言だ。
名言ぽいだけかもしらんが名言だ。

剣士が楽しい。
何が楽しいって強いのも楽しいけど、何より剣士がかわいいのが楽しい

余りに楽しいので武具を用意してあげようとおもった。
Sシールドが格安の100Kで売ってた。
3枚も買ってみた。
どうせ精錬で全部折れて無くなるのだろうけど・・・

       体は 剣で出来ている
 ――――I am the bone of my sword.

       血潮は鉄で 心は硝子
 ―――Steelismybody,and fireismyblood

       幾たびの戦場を越えて不敗
 ―――I have created over athousand blades.
       ただ一度の敗走もなく、
     Unaware of loss.
       ただ一度の勝利もなし
     Nor aware of gain

       担い手はここに独り。
 ―――Withstood pain to create weapons.
       剣の丘で鉄を鍛つ
     waiting for one's arrival

       ならば、我が生涯に意味は不要ず
  ――I have no regrets.This is the only path

       この体は、無限の剣で出来ていた
 ―――My whole life was“unlimited blade works”

こちらシローバージョン。
同じところから始まって、違う形で終わる。
「似て非なるもの」
二人の違いの現れた素晴らしい呪文の詠唱。
Fateの物語はこれに始まりこれに終わる。
最初見たときはずっとセイバーのコトだと思っていた。

「いくぞ英雄王――――武器の貯蔵は充分か」

posted by てるひ at 14:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | ラグナロクオンライン
この記事へのコメント
せんせい!
詩?と訳文が激しく異なっているのは
原文ママなのでしょうか。
Posted by 暑くて死にそう艦長(料理30.6) at 2004年11月11日 16:59
えと、まぁ気づいてらっしゃるかとは思いますが、コレ「英文」と「訳文」以前の問題ですネ。

同じ意味を持った、異なる二つの文の「同時詠唱」ってカンジでしょうね。
頭の中と発声の二つ同時で一つの意味を持つ言語で魔法を組み立てるとかなんかそんなカンジじゃないかな。

・・・タブン。
まーとにかくこれがカッコイーのですわ。ホント
Posted by てるひ at 2004年11月11日 17:27

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1012336
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。